隣街田園都市線沿線でフィルムモノクローム - 白昼夏日の桜並木





このところ定期的な通院治療のために、東急田園都市線沿線に向かうことが多くなった。

小田急沿線のわが街からはクルマで15分ほどだが、バスはあちらこらに寄り道をして30分ほどかかる。
が、途中ののスナップなどを楽しみながらバスと電車を乗り継いでの通院が多い。


この日はまたまたの気まぐれに、バルナックライカに50mmレンズを付けて、フィルは1本。

近頃の新鋭デジカメは、なにもかも良く出来過ぎて、かえって面白くないことの裏返しである。


半世紀ほど前に開発されたオシャレなM駅前の桜並木の、真昼の陽射しと日影の濃いコントラストが興味を惹いた。

c0156404_14115284.jpg

c0156404_1412895.jpg

c0156404_14123390.jpg

Leica Ⅲa, Summicron(L)50mm/2(沈胴), ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2016-06-27 07:05 | Ⅲa | Comments(4)
Commented by imaipo at 2016-06-27 08:43 x
おはようございます
強い日差しはモノクロが良いようですね
私も参考にさせていただきます
街中のスナップ素敵です。
Commented by kurakame at 2016-06-27 17:21
imaipoさん、こんにちは。
いつもと違った街では、また新しい発見がありますね。
ここの桜並木は花の季節は知っていたのですが。
Commented by 341aki at 2016-06-28 20:11
初めまして。おしゃれな街を渋いカメラ(私の好きなLeica)とレンズで、それもⅢaに一番合うモノクロームで撮影。素敵ですね。これからも楽しみにしています。
Commented by kurakame at 2016-06-28 20:52
341akiさん、こんにちは。
何かのご縁で貴ブログ拝見させていただいていました。
お立ち寄りありがとうございます。
Ⅲaはぼくのバースイヤーライカで、今年は傘寿です。(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。
<< 隣町田園都市線沿線でフィルムモ... 銀座ウオッチング - 和光 >>