残暑お見舞い





8月15日、終戦の日もしくは敗戦記念日。

71年前第2次世界大戦はおびただしい犠牲を出したのちに終戦。


あの夏の日の遠い思い出は、しっかりと残っている。

昭和天皇の放送は、田舎では電波状態が悪くて聞き辛らかったが、明瞭に聞こえていたとしても、
小学生のボクには理解できなかっただろう。

思い出は田舎の、琵琶湖に連なる小川の川遊びと、岸辺の夏草の匂いである。


お盆真っ盛り。列島は西日本を中心に酷暑が続いているが、当関東南部はうす曇り、本曇り、時折にわか雨。

朝夕はかすかに秋涼の気配も感じられるようさえになったが、遅まきながらの残暑お見舞い。


信州は霧ヶ峰高原の八島湿原

c0156404_9424468.jpg

c0156404_9431743.jpg

Panasonic LUMIX GX7MK2, G VARIO 1:3.5-5.6/12-60 ASPH.
by kurakame | 2016-08-15 07:30 | GX7MK2 | Comments(4)
Commented by imaipo at 2016-08-15 08:21 x
おはようございます
爽やかそうな高原の光景
良い景色ですね。
Commented by ヒューマン at 2016-08-15 09:27 x
おはようございます
昨夜映画を見ていて、天皇の裁断で戦争を終結したのですね
陸軍は本土決戦を強行に主張、2000万人で戦えば勝てると。神の国だから負けるはずがないとも
Commented by kurakame at 2016-08-15 14:54
imaipoさん、こんにちは。
夏雲がなんとか高原の雰囲気を助けてくれたようです。
Commented by kurakame at 2016-08-15 14:55
ヒューマンさん、こんにちは。
戦争や終戦当時の情報はずいぶん後になって
ぼくらは事実を知ることになったのですね。
<< 名残の夏の始まり 国立西洋美術館 >>