ニコタマ多摩川 - ウオーキングロード




二子玉川に来ると思い出すことがある。

ボクの師匠(建築の)の若いころの話である。師匠は東京大学で馬術部の選手であった。

ヘルシンキ五輪の馬術代表候補であったが、丁度その春、大手建設会社の設計部に入社したばかりの新人で
五輪のほうを辞退した腕前(脚前?)だったとか。


その師匠が成城学園(旧制だから高校か)の馬術部新前のころ、
乗馬が走り出して多摩川土手をノンストップで疾走、「二子まで行ったよ」とか。


戦後すぐのころで、クルマもあるかないかの時代であって、多摩川の土手もたぶんのんびりとしていたのだろう。


その多摩川の土手(多摩堤通り)の下の河川敷にウオーキング道路か、サイクリング道路かが、

一直線に川下に伸びている。


若い人たちのグループが早足で通り過ぎる。都立某高校のロングウオーキングの催しだった。

c0156404_15313840.jpg

Leica T, Summicron-T 1:2/23 ASPH.
by kurakame | 2016-10-08 07:18 | T (Typ701) | Comments(2)
Commented by imaipo at 2016-10-08 08:18 x
おはようございます
河川敷私も好きで時々こちらでは江戸川なんですが
歩いてます、これから冬になって湿度が少なくなって
くると富士山が見えます、好きなコースです、(笑)
Commented by kurakame at 2016-10-08 14:17
imaipoさん、こんにちは。
ここもダイヤ富士の撮影ポイントになりますが、
残念ながら丹沢山系に遮られて山頂部が1/3ほど見える程度です。
<< 朝焼けは雨(?) 台風一過 - 十月の空 >>