日本民家園まつり 2016 - 竹細工





川崎市北部の生田緑地内の日本民家園。

休日などには、移築公開されている古民家の前庭で
民具製作技術保存会
などによる、伝統民具の製作実演や作品の頒布会がよく行われている。


今回は、民家園まつりということで、特に多くの製作公開や販売、それに昔ながらの子供遊びの手引きなどが行われていた。


甲州市塩山から移築された、軒の低い養蚕農家の旧広瀬家(17c後期)の広い前庭では、竹細工の民具やおもちゃ造り。

子供たちも、若い親御さんたちも興味津々の様子だ。

c0156404_10253410.jpg

c0156404_10255559.jpg



一方、笠間市片庭からの名主の家、旧太田家(17c後半、国重文)前では、こちらは竹細工の民具の製作頒布会。

現在でも実用になる竹製品が人気を呼んでいた。

c0156404_10285268.jpg

c0156404_10294012.jpg

LEICA M5, Summaron 35mm/3.5, ILFORD XP2 Super.
by kurakame | 2016-11-07 07:08 | M5 | Comments(4)
Commented by おはようございます at 2016-11-07 08:17 x
おはようございます
竹細工、子供さんから大人まで楽しめそうですね
素晴らしい催しですね。
Commented by ヒューマン at 2016-11-07 10:16 x
おはようございます
竹細工 今の子供は経験ないでしょうね
ナイフも持てない子供もいるのでは
Commented by kurakame at 2016-11-07 13:42
imaipoさん、こんにちは。
竹細工は実用品も遊び道具も自由自在ですね。
Commented by kurakame at 2016-11-07 13:44
ヒューマンさん、こんにちは。
ボクらは小学生の頃に、切り出しナイフを研ぐことから始まりましたが、
ナイフは危険ということになっているのでしょうか。
<< 日本民家園まつり 2016 -... 日本民家園まつり 2016 -... >>