春まだ浅い王禅寺ふるさと公園 - サクラ咲く






隣村、川崎市制60周年記念王禅寺ふるさと公園

多摩丘陵の一画、武蔵の古刹王禅寺に近接して、30年前に開設された10万㎡の自然公園である。


中央の広大な芝生広場の周辺遊歩道に植樹された早咲きの玉縄桜が開花を始めた。

玉縄桜。神奈川県立フラワーセンター大船植物園で、早や咲きのソメイヨシノから育成されて、
1990年に品種登録された神奈川ローカルの桜である。

概ね2月中旬に開花し、3月上旬から中旬にかけて満開となる。


大船の本家をはじめ、鎌倉の鶴岡八幡宮の参道などで見られるが、
ここ王禅寺ふるさと公園でも日当たりの良いあたりの数株が2分咲きから3分咲きになった。(2月12日)

c0156404_21225384.jpg


c0156404_21234569.jpg


c0156404_21232512.jpg

Panasonic LUMIX GX7 MK2, OLYMPUS 30mm/3.5 MACRO


by kurakame | 2017-02-15 07:09 | GX7MK2 | Comments(4)
Commented by ヒューマン at 2017-02-15 09:58 x
おはようございます
背景の青い空が、引き立てていますね
サクラの開花が待ち遠しいです
Commented by kurakame at 2017-02-15 10:22
ヒューマンさん、こんにちは。
ネガカラーフィルムの色とは全く違うデジの青空になりました。
Commented by imaipo at 2017-02-15 14:00 x
こんにちは
桜もいろいろな種類がありますね
早咲きの桜この花もおとなしい色合いで良い花ですね。
Commented by kurakame at 2017-02-15 16:51
imaipoさん、こんにちは。
河津桜よりピンク色が薄くて、ソメイヨシノに近い花です。
開花期間が長いのも特徴だそうです。
<< 隣村散歩 - 早春の丘の街 春まだ浅い王禅寺ふるさと公園 ... >>