フルサイズのAPOQUALIA - モザイクストリート






このとろ、小ブログはAPOQALIA-G 2/28の連発である。

MS-OPTICS 宮崎さんが昨年発表された超小型の28mmレンズ。


なにしろ、レンズに ULTRA THIN GAUSS TYPE と刻印されているほど小さいのだ。

れっきとした、フルサイズ 開放F=2 の仕様なのに、
SIZE: φ50mm × 9.8mm, Wt: 70g なのだ。


すでにご承知の通り、Sonnetarに代表されるMS-OPTICSの一連のGAUSSタイプのレンズは、
クラシックレンズの、いい意味での収差を残しつつ現代に通じる描写を追及されている。


当然ながら、絞り開放付近でこの特徴が最も顕著になるのだが、
28mm径の減光フィルターがなかなか見つからずに、
晴天下ではなかなか絞り開放が使えない。

ようやく手に入ったのはNIKONのコンデジ用NDフィルター。
残念なことに、どうもフルサイズでは、フィルター枠によって、ビミョーに四隅にケラレが生じるようだ。


おなじみ、新宿のモザイクストリート。

ここは昼間でも、絞り開放でOKな明るさであった。


c0156404_19591592.jpg


c0156404_14192676.jpg

Leica M(Typ262), APOQUALIA-G 2/28


Leica M + APOQUALIA-G 2/28 は More 欄で。









c0156404_21281794.jpg
Panasonic GM5, Olympus 30mm 1:3.5 MACRO





by kurakame | 2017-03-31 07:08 | M(Typ262) | Comments(4)
Commented by ヒューマン at 2017-03-31 11:12 x
こんにちは
レンズの違い 判別できないヒューマンです。
モザイク通り クリスマスのとき通りました
Commented by kurakame at 2017-03-31 13:42
ヒューマンさん、こんにちは。
リサイズされたWEBの画像では分かり難いかも知れませんが。
ビミョーな違いを楽しんでいます。
Commented by twinkle-keko at 2017-04-01 07:18
おはようございます。
とっても魅力的な写りですね。
小ぶりな作りもスタイリッシュです。
Commented by kurakame at 2017-04-01 09:43
twinkle-kekoさん、こんにちは。
小さすぎて、絞りの設定などタイヘンな状況。(笑)
APS-Cの Leica Tに付ければ42mm画角に、
M4/3のPanaやOlyに付ければ、56mm画角相当となり、
いろいろと使い回しが可能と踏んでいます。
あっ、Summicronの100mm画角も面白いですよ!
<< 春を待つ里山 - 芽吹き  二子玉川のAPOQUALIA ... >>