しだれ桜の里、身延町 - 西谷の僧坊辺り





久遠寺の三門から菩提梯と呼ばれる急な石段から本殿に至る中心軸の西側の谷筋が西谷である。

川沿いにクルマの通れる道路もあるが、その傾斜地に多くの僧坊群がある。塔頭というのかも知れないが。


ここの寺院は、それぞれに立派な構えのものが殆んどだが、
その庭というか境内の桜がシダレサクラを中心として、なかなか見事なのである。

c0156404_10081261.jpg


c0156404_10083156.jpg


c0156404_10075647.jpg

Leica T, APOQUALIA-G 2/28



by kurakame | 2017-04-12 07:07 | T (Typ701) TL2 | Comments(4)
Commented by ヒューマン at 2017-04-12 10:06 x
おはようございます
シダレザクラ なかなかの年代物ですね
今の世の中をどう感じているのかな~
Commented by kurakame at 2017-04-12 15:09
ヒューマンさん、こんにちは。
ここのサクラたちはほとんどが老木ですが、
見事に花を付けていました。
Commented by imaipo at 2017-04-13 08:23 x
おはようございます
ここは桜の名所にもなってますから
沢山の木があるのでしょうね
見応えがあるでしょうね。
Commented by kurakame at 2017-04-13 16:47
imaipoさん、こんにちは。
久遠寺の僧坊は数多く、それぞれの庭には
枝垂れ桜の古木が多数残されています。
<< 名残のご近所サクラ - 小さな公園 しだれ桜の里、身延町 - 菩提梯 >>