花びらの小径




季節の巡りは正確なもので、ソメイヨシノが終わるのを待ち兼ねたように
木々の若葉はいっせいに緑の新芽を覗かせ始める。

並木道のピンクの八重桜が満開となり、ハナミズキの白い花も咲き出した。


数日あまり前の、傾斜地の雑木林公園である。

特に近道になるでもなく、便利な通り抜けでもない小径は
滅多に通る人も無く、サクラの花びらに散り敷かれていた。

c0156404_14213199.jpg

Leica T, APOQUALIA-G 2/28


by kurakame | 2017-04-18 07:09 | Comments(6)
Commented by twinkle-keko at 2017-04-18 07:16
おはようございます。
ステキな光景ですね。
歩いて行くのがもったいないような気がします。
本当の名残桜、、、ですね。
Commented by imaipo at 2017-04-18 08:32 x
おはようございます
花びらでちりばめた歩道
良い感じの景色ですね
若葉と花びら綺麗ですね。
Commented by ヒューマン at 2017-04-18 10:25 x
おはようございます
人があまり通らないとのことで、花弁が埋め尽くしていますね
なかなかの光景ですね
Commented by kurakame at 2017-04-18 14:27
kekoさん、こんにちは。
多摩丘陵の残された小さな雑木林なのですが、
こんなにサクラの木があったとは気づきませんでした。
Commented by kurakame at 2017-04-18 14:29
imaipoさん、こんにちは。
古い雑木が面白くて、時折おとずれる小さな公園です。
ソメイヨシノも見事な公園でした。
Commented by kurakame at 2017-04-18 14:31
ヒューマンさん、こんにちは。
旧公団団地造成の時に、
利用しきれなくて残された傾斜地の自然が公園になっています。
<< バルナックライカのご近所歩き ... 国際宇宙ステーション(ISS)... >>