バルナックライカのご近所歩き - 立体歩道





多かれ少なかれ、街や都市は自然発生的は要素が多い。

ところが、わが街は私鉄分岐駅とともに、まったくの雑木林を開発することから始まった。



丘陵の傾斜地を利用してクルマと人の分離構造も最初からの計画であった。

以来まだ半世紀にも満たないが、すっかり成熟した住宅の街となっている。



この立体は線路ではなくて、歩行者道路とバス道路との交差である。

從って、上の道路と下の道路を繋ぐ階段もこんな具合に設けられていたりする。

c0156404_10460643.jpg


c0156404_10462243.jpg

Leica Ⅲa, Color-Skopar 21mm/4, ILFORD XP2 Super




by kurakame | 2017-04-22 07:36 | Ⅲa | Comments(0)
<< 休日の朝、新緑を浴びて バルナックライカのご近所歩き ... >>