ご近所モノクローム - Reflection





小ブログにもときどき登場する駅前のオフィスビルの線路際ピロティ。

人通りはあまり多くは無いのは、通り抜けができないせいなのだろうが、ちょっと魅力的な空間に思う。


MS OPTICS さんの超小型レンズ APOQUALIA-G 2/28 は絞り開放付近で特に独特なソフトな描写を見せてくれるので、
つい、絞りは明け気味で使いたくなることが多いのだが。

ちょっと絞ってみると、こんな感じになる。(f=5.6)


やはり、カリカリ高精細の現代レンズとは、一味も二味も違ったテイストだ。

c0156404_14102170.jpg

Leica T, APOQUALIA-G 2/28


by kurakame | 2017-05-24 07:05 | T (Typ701) TL2 | Comments(2)
Commented by ヒューマン at 2017-05-24 09:34 x
おはようございます
ヒューマンにはよくわかりませんが、奥行きまでシャープな写りを
していますね
Commented by kurakame at 2017-05-24 14:27
ヒューマンさん、こんにちは。
WEBサイズでは分かり難いと思いますが、
シャープさの中にもソフト感が漂っているような描写に感じます。
<< 隣村の「青もみじ」 ご近所モノクローム - プチ ... >>