2007年、旅の記憶から - 讃岐琴平町

c0156404_826410.jpg10数年ぶりの「讃岐のこんぴらさん」であった。

金刀比羅宮書院の美展、応挙や若冲の襖絵のあるべき場所に在るのを見たくなっての、こんぴら参り。




c0156404_8304743.jpg

2007年10月撮影。 LEICA M8, Color-Skopar 21mm/4

by kurakame | 2007-12-25 08:34 | Comments(4)
Commented by REN♪KON at 2007-12-25 10:11 x
◎なんとも・・このような商店街?!お店通りは落ち着くものがありますね♪ 写真のようなポスト〠も数少なくむしろ貴重なのではないでしょうか☆ 改めて・・・今年のクラカメさんの一年も充実されていたな~・・っと感心させられています☆
Commented by ikko at 2007-12-25 10:21 x
kurakameおじさん、今こうやっておじさんの作品を拝見していますと、手放した21mmが惜しくなります。使う人の違いで良さが分かりました。今年もあと1週間を残したところで、反省しております。
Commented by kurakame at 2007-12-25 13:46 x
REN♪KONさん、金毘羅さんも何故か昔のような人ごみはみられなくなったのかなあ。土曜日の午後の石段の土産物屋さんです。ポストだけが元気そう。
Commented by kurakame at 2007-12-25 13:50 x
ikkoさん、21mmレンズというか超広角は使いこなしが難しいですね。これはデジタルで28mm相当の画角となるので、いくらかは楽です。
<< 2007年、旅の記憶から - 岡山 アーテリジェンスクリスマス2007 >>