南青山、西麻布、といえば東京都心の高級住宅地。さらには最新のカフェレストランやブティックの街。

とある、大通りを逸れると在来の住宅が建ち並ぶなかに、シンプルな外観のコンクリートの住宅が目にとまる。

c0156404_829128.jpg


エントランスの庇と、そこに吊るされた杉玉の影が面白くてカメラを構えていたら、自転車と徒歩の女学生のペアが通りかかる。

歩いている人のスピードで自転車をゆっくりと走らせる。決して押して歩いたりはしない。

自転車通学であった遠い昔を、ふと思い出す。


Leica M6, Elmar-M 50mm/2.8,K-100

by kurakame | 2008-02-15 08:32 | M6 | Comments(4)
Commented by REN♪KON at 2008-02-15 10:15 x
◎ほのぼのな写真ですね♪ 高校時代は急な坂道を一回も降りずに上り下りしていましたっけ。。(今あの坂・・上れるかな、、、むしろ体重と摩擦で自転車が先に悲鳴をあげそうです^_^;) そして幼少の頃はよく、歩く友人に合わせて自転車を舵取り(笑)してました。バランスが大事なんですよね☆ (これまた・・今出来るかな、、、^_^;) 丸い陰が可愛いです○゛ 杉玉・・茶色くなったらお酒が呑み頃♪(笑)
Commented by kurakame at 2008-02-15 14:29
REN♪KONさん、そうです、造り酒屋さんの杉玉です。都心の住宅のエントランスに発見。不思議発見(!)でしょうか。
Commented by ikko at 2008-02-15 16:06 x
kurakameおじさん、いいタイミングで女学生が来てくれましたね。アクセントになっていると思います。ガラスの外の女たちの方が数段いいですから・・・。だんだん。
Commented by kurakame at 2008-02-15 21:24
ikkoさん、「ガラスの外」もまた(笑)。
この子たちに限らず、カメラを構えていても平気で前を通り過ぎるひとが多いように思います。お陰で、このようなショットも可能です。
<< 雪の山道を 新幹線日本橋川橋梁 >>