雪の山道を

典型的な冬型気圧配置で快晴の東京を出発して、信州へ向かう。
日本海型の気候との境目である。野生の猿の温泉入浴で有名になっている地獄谷野猿公苑。

踏み固めの雪はあるものの、この日は青空も時折顔を覗かせる。最高気温0℃。

M6+E100Gをメインとしたスナップから。

c0156404_85131.jpg
足元を気にしながらおよそ30分

c0156404_8553173.jpg
カメラファンより猿のほうが多いかも。

c0156404_8522792.jpg
至近距離でもまったく平気。

c0156404_853051.jpg
ひとりぼっち(?)。

Leica M6,Elmar-M 50mm/2.8, E100G. D80,70mm-300mm(クリックで画像拡大)

by kurakame | 2008-02-18 09:05 | TL2 | Comments(10)
Commented by REN♪KON at 2008-02-18 10:20 x
◎貴重なショット!!ありがとうございます<m(__)m> TVでは見た事ある風景ですが・・・こんなにも至近距離でのお猿との対面が可能とはっっっ! なんだかお猿さん・・慣れてますもんね!撮影される事に!! 「あっ・・きたきた・・また人間達が。 はい、ど~も~」ってな声が聞こえてきそうですよね(笑) なんだか・・温泉に入るお猿さんは人間よりも人らしぃ~??! 雪を見つめるお猿さんも可愛いです♡
Commented by ikko at 2008-02-18 12:27 x
kurakameおじさんの珍しいスナップ。ところで、この温泉に猿と一緒に入る勇気のある人間はいないんですかね?お盆に酒と肴をのっけていっぱいやれば敵はどんな反応するでしょうね。だんだん。猿に水を差すようですみません。
Commented by imaipo at 2008-02-18 14:51 x
こんにちは。
沢山のかたが接近しても大丈夫なんですか、野生の猿ですよねテレビのコマーシャルなどで見たことがあります、気持ち良さそうに入ってますね。
Commented by kurakame at 2008-02-18 15:58
REN♪KONさん、メディアに登場するここのお猿さんたちは、大体お湯の中のようですから、ここでは周りの雰囲気をお伝えしました。
お猿さんたち、人に慣れているというか、完全無視のようすです。仲間の一人は背中のリュックに飛び乗って遊ばれていたとか。
Commented by kurakame at 2008-02-18 16:02
ikkoさん、お猿のクローズアップは名手風来坊さんにおまかせして(笑)の縦横今日スナップでした。
この温泉は、正真正銘「温泉掛け流し」ですが、お猿専用とか。
Commented by kurakame at 2008-02-18 16:05
imaipoさん、餌付けはされていますが、完全な野生です。お湯の中以外にも沢山の猿が遊んでいますが、人やカメラは全く、クールに無視しています。
Commented by poco at 2008-02-18 17:04 x
お猿さん♪とっても可愛いですね☆
REN♪KONさん同様に、TVでしか見たことの無い景色です。
お猿さんと温泉♪
ほのぼのとした写真に癒されます(^ー^)
Commented by kurakame at 2008-02-18 21:21
pocoさん、お湯に入っているお猿さんは、毛が濡れていて(当たり前ですが、笑)写真に撮るのが難しいことがわかりました。
入ったり出たりだと、さすがに寒いのか、湯の中のお猿さんはあまり出てこないで、だいたい同じ顔ぶれです。
Commented by taiyoumura at 2008-02-24 16:14
こんにちは kenpochanです。 いつも角度とい題材も面白いショットですが、又、今回は寒い場所で大変でしたですね  kurakameおじさんは寒さは平気なんですね お元気ですねー。
Commented by kurakame at 2008-02-24 17:28
kenpochanさん、中高年カメラグループの撮影会です。したがって、寒くとも頑張って参加しました。テーマは湯に浸かる野猿ですが、ここでは周辺のスナップをアップしてみました。
<< Fragment No.5 影 >>