紅梅習作

浜離宮恩賜庭園(というそうだ)の小さな梅林も、今年はちょっと遅めの花が満開に近づいていた。

花の近接などは一眼の独壇場であろうかと思われるのだが、あえてライカの新旧レンズである。

c0156404_82245.jpg

c0156404_8245080.jpg

Leica M8, Elmar-M 50mm/2.8, Tele-Elmarit 90mm/2.8
(画像はクリックで拡大します)

by kurakame | 2008-03-08 08:32 | Comments(6)
Commented by imaipo at 2008-03-08 09:09 x
お早うございます。
だいぶ咲いてきていますね、うまく表現できませんがデジカメと違いますね、以前ペンタックスの銀塩カメラを持っていましたが良く解らずお蔵入りになってます、現在はデジカメ専門です。
Commented by ikko at 2008-03-08 09:43 x
kurakameおじさん、さすがに落ち着いた発色だとお見受けしました。だんだん。
Commented by kurakame at 2008-03-08 15:41
imaipoさん、こんにちは。
M8は距離計式のデジカメなのですが、ライカの絵造りのポリシイはフィルムと同じような感じがしています。それに、昔のレンズはほぼ全て使用できるので、このような発色になったりします。
古いレンズの描写は現代の(特にデジタル用の)ものとはずいぶん違っているのがわかります。
Commented by kurakame at 2008-03-08 15:46
ikkoさん、こんにちは。
ライカのデジタルは、フィルムのイメージが残されているようです。それに、70年も前からの「やさしい」古いレンズも柔らかい描写に拍車をかけてくれるのでしょうね。
いえ、このレンズはそんなに古くありません。上の90mmが25年ぐらい前のもの、下は現行の50mmでいずれも開放絞りです。
Commented by REN♪KON at 2008-03-09 00:58 x
◎ピンクのお花とつぼみが可愛い♡ですね♪ 春の足跡が聞こえるような・・・♪ なんだか画面から触れるような・・・立体感を感じます☆
Commented by kurakame at 2008-03-09 16:24
REN♪KONさん、梅の花も種類や場所によってさまざまな表情を見せてくれます。
<< 川崎市ふるさと公園の紅梅、白梅 新宿ウッドデッキ >>