千住大橋

昭和2年、震災復興事業として初めて鉄橋になった千住大橋のトラスに並んで、すぐ上流側に架設されている水道専用橋の鋼管アーチ。
c0156404_839399.jpg


昭和48年増設された千住大橋上り線の歩道から南千住七丁目のマンション群を見る。
c0156404_8392928.jpg

Leica M8, Avenon 28mm/3.5

by kurakame | 2008-03-23 08:40 | Comments(4)
Commented by ikko at 2008-03-23 08:47 x
kurakameおじさん、川べりに建つマンション群。固い地層まで鋼管杭などを打ち込む工法なのでしょうか?50m以上は打たないと持たないと思うのですが・・・。直ぐ余計なことを考えてしまいます。だんだん。
Commented by kurakame at 2008-03-23 14:44
ikkoさん、昔の記憶では東京の東側は、「東京なんとか層」の地下40~50mあたりが支持地盤だったと思います。
Commented by REN♪KON at 2008-03-24 17:12 x
◎なんとなく・・河川近くのお家は心配、、とか思ってしまいますが・・今はそんな事ないのでしょうね☆ 夏は川からの風が気持ち良いのでしょうね~(^◇^)
Commented by kurakame at 2008-03-24 20:04
REN♪KONさん、大型の都市開発は公共施設が完備しているのでオススメです。現代の技術では、もう河川の氾濫などの被害は考えなくてもいいのでしょうね。
<< 銀座宵景20080325 筑波山神社で >>