都心の小さな公園の新緑

街歩きの途中、東京都文京区千駄木三丁目、不忍通りから立ち上がる台地の傾斜を利用した池と小さな滝のある須藤公園に立ち寄る。

もと加賀大聖寺藩の屋敷跡、昭和の初めに当時の所有者であった実業家須藤吉佐衛門氏から東京市に寄贈されたという。

c0156404_8552449.jpg

c0156404_8554618.jpg

c0156404_856632.jpg

Leica M8, Color Skopr 21mm/4
初夏を思わせる快晴に新緑が鮮やかだ。

by kurakame | 2008-04-26 08:59 | Comments(4)
Commented by ikko at 2008-04-26 12:10 x
kurakameおじさん、森林浴には絶好の場所ですね。都心にこんなオアシスがあるとは、さすが日本国の首都ですね。
その首都の頭は新銀行東京で退陣必至です。とんでもないことが飛び出す可能性もありますね。面白くなってきました。これにて石原家も終りそうです。余計なことを申しました。だんだん。
Commented by kurakame at 2008-04-26 13:36
ikkoさん、個人の邸宅になるぐらいで、地図でチェックしてみるとおよそ5000平方メートルぐらいの小さな公園ですが樹木がよく育っています。
Commented by REN♪KON at 2008-04-28 13:35 x
◎わぁ~\(^o^)/気持ち良くなる緑です♡ この写真達からマイナスイオンが出ているような気すらします(^◇^) 青空と新緑のまだ若い緑色・・癒されました♪ ありがとうございます☆  千駄木・・学生時代、野球を観に行くのに・・集合場所を、「千駄ヶ谷」と間違えて降りてしまった事があります・・・(^^ゞ でも散歩道には最高ですよね!!
Commented by kurakame at 2008-04-28 14:41
REN♪KONさん、西日暮里からも近く、谷中銀座の反対側方面です。
何にも無い、新緑だけを撮りたくなることがあります。
<< 新横浜駅前改造中 花の寺 - シャクナゲの高蔵寺 >>