浅草三社祭のスケッチから - BW400CN編

フィルムの需要は愕然と減少しているのを、ひしひしと感じる昨今。比較的短時間でモノクロの現像もこなしてくれていた某大型量販店もここにきてモノクロ中1日、翌夕渡しとなってしまった。土日があいだに入るとさらに大変なこととなる。

浅草のスナップ、まだ上がってこない。予備に持っていったBW400CNのイメージから。

c0156404_818389.jpg

c0156404_8192860.jpg

c0156404_8194952.jpg


ご存知BW400CN、通常のカラーネガ現像が出来るので1時間以内で可能なのだが、ミニラボでは断わられるところもある。

Leica M6, Elmar-M 50mm/2.8, KODAK BW400CN
(クリックで画像拡大)

by kurakame | 2008-05-21 08:23 | TL2 | Comments(4)
Commented by ikko at 2008-05-21 12:16 x
kurakameおじさん、こういう場面をモノクロで撮ると、いかにも大昔から行われているお祭りに見えていいものですね。だんだん。
Commented by poco at 2008-05-21 13:52 x
あの人ごみの中、フィルムとデジタル両刀で参戦したのですね!
現像・・・。どんどん時間がかかるようになってしまって大変そうですね。
クラカメおじさん宅に暗室が現れたりする日が何れ来るのでしょうか???
Commented by kurakame at 2008-05-21 14:13
ikkoさん、今年の三社祭はモノクロフィルムでと決めていました。どうも街中極彩色があふれているように思えてなりません。
Commented by kurakame at 2008-05-21 14:17
pocoさん、今年の浅草はモノクロフィルムがメインでした。ブログには時間がかかり過ぎて気が抜けてしまいますね。まあ、暗室作らなくても自家現像はできますが、時たまでは薬品が無駄になるし、だいいいち家中氷酢酸の匂いがしますので(笑)。
<< 百万本の薔薇(?) 浅草三社祭のスケッチから - ... >>