丸の内仲通り - (続)

ちょっと間が空いて「季」が抜けましたが、お盆期間中の丸の内仲通りの続きです。
83年製のELMARIT 28mmが手入ったので、先ずはフルサイズでのテスト画像。

c0156404_14412524.jpg
c0156404_14414029.jpg
c0156404_14415927.jpg

Leica M6, Elmarit-M 28mm/2.8 (3rd), E100GX

by kurakame | 2008-08-19 14:46 | M6 | Comments(6)
Commented by ikko at 2008-08-19 16:39 x
kurakameおじさん、
古いレンズでもメンテとカメラマンしだということですね。
いずれもシャ-プさを感じます。
だんだん。
Commented by kurakame at 2008-08-19 21:48
ikkoさん、もうこの時代のレンズは現代のものに決してひけはとりませんね。
Elmarit 28mm、つい最近まで非球面を使う必要がなかったということです。
弘法は筆を選ぶ、です。
Commented by REN♪KON at 2008-08-20 09:34 x
◎つるり○゛と丸みをおびたオブジェが可愛いですね♡
大きな「歯」みたいです。
あ・・歯医者さんへそろそろ行かねば、、、(笑)
Commented by kurakame at 2008-08-20 15:42
REN♪KONさん、この彫刻、例の六本木ミッドタウンの地下にあるのと同じ作者(安田侃さん)の作品だと思います。
三菱商事ビルのエントランスで発見しました。
Commented by chousan-drybox at 2008-08-20 22:42
ライツのASPHは数本使用してますが、全ての面で優れているかは難しく、それぞれの時代の技術的な味付けがあるのだと思います。
ボケもそうですが特に艶っぽさに差があるように思います。
先日この近くの国際フォーラムに行きましたが、変わりように驚いてしまいました。
Commented by kurakame at 2008-08-21 08:25
chousan-dryboxさん、レンズの味までは良く分からないkurakameですが、ASPH.はに優等生なのでしょうね。
財布の関係もあり(笑)、ワイドはいまのところ、全てサードパーティ製です。
<< ELMARIT 28/2.8 ... 丸の内仲通り >>