初秋の都立神代植物公園 - ムクゲ

相変わらず、日頃はRF(レンジファインダー)カメラの使用が多いのだが、改めて一眼レフのワイドアングルには驚きの新鮮さがあったりする。

この時期、公園の数少ない花の中で、ムクゲの森には色々な種類の花を見ることができた。

c0156404_7563539.jpg
c0156404_7565440.jpg

Nikon D700, Ai NIkkor 20mm/2.8


MFフィルムの時代のワイドレンズ、レンズフードが花びらに触れようかという距離まで接近してのイメージである。このようなシチュエーションではAFよりもはるかに使いやすい。

クリックで画像拡大します。
by kurakame | 2008-09-17 08:02 | Comments(4)
Commented by ikko at 2008-09-17 12:31 x
kurakameおじさん、
さすがは現代の弘法様です!
何を持たせても上手にこなせるのは天才ですよ。
こっちら、天才バカモンですが・・・。
だんだん。
Commented by kurakame at 2008-09-17 16:56
ikkoさん、いつもながらのヨイショ、おそれいります(笑)。
しばらく、新兵器とオールドレンズで遊んでみましょう。
Commented by REN♪KON at 2008-09-18 22:29 x
◎槿の花びらの様子までしっかり観れますね(@_@)☆
綺麗です~♪
確か・・夕方にはショボン、、としてしまうのですよね(?_?)
Commented by kurakame at 2008-09-18 23:03
REN♪KONさん、花の生態にはまったく疎いkurakameです。
この花は一日の命なのですか。
ただただ、レンズ遊びなのです。勉強になります。
<< 銀座交詢ビル 初秋の都立神代植物公園 - パ... >>