銀座交詢ビル

銀座の通りの名前にもなった交詢社。1880年、わが国初の実業家社交クラブとして誕生。震災後の1929年に横河工務所によって建てられたビルはレトロな風格とともに銀座の名所のひとつでもあった。

2004年、総ガラスのモダンビルに生まれ変わって、高級ブティックやレストランがテナントとして入居、一転華やかな新名所となる。

c0156404_82759100.jpg

c0156404_8282711.jpg

Leica M8, Color Skopar 21mm/4, UV/IR (non 6bit coding)


ビルのファサードの一部には、元のビルの外壁が保存修復して組み込まれ、往時の面影を彷彿させる仕掛けとなっている。
by kurakame | 2008-09-20 08:33 | Comments(6)
Commented by ikko at 2008-09-20 12:49 x
kurakameおじさん、
こういう重厚なビルはほっとします。
夏はひんやり、冬は暖かい感じですね。
だんだん。
Commented by アミーゴ at 2008-09-20 13:44 x
今日は。今日の写真、何か落ち着きが有って、いいですね。D700に比べて、身軽さのシャッターチャンス、ってとこですか。
Commented by kurakame at 2008-09-21 00:41
ikkoさん、この重厚なファサードはここの正面のみです。あとはモダンなガラス貼り、それなりに風格は保っていますが。
Commented by kurakame at 2008-09-21 00:46
アミーゴさん、やはり街歩きにはライカの身軽さがいいようです。
D700はkurakameの苦手な山花写真専用に持ち出すことになりそうです。
今日、M8のファームアップ2.000完了しました。ISO オートって、どんな効果があるのか、テスト中です。
Commented by chousan-drybox at 2008-09-21 18:24
改修前の写真家と思ってしまいました。
残し方が洒落てますね。
ファームアップでSDカードの制限がアップしたのがうれしいです。
Commented by kurakame at 2008-09-21 21:29
chousan-dryboxさん、ちょっと古い部分ばっかりの画面になってしまいました。
M8、こまめにファームアップしてくれるので楽しんでいます。
<< お台場の夜景から 初秋の都立神代植物公園 - ムクゲ >>