志賀高原渋峠の夜明け

グループの撮影会で志賀高原渋峠の黄葉日の出を目指して、夜10時半に新宿を出発する。
長野、群馬県境の天気予報ではナントカ晴れそう。2時過ぎのパーキングでは満点の星空。

現地到着午前4時ごろ、しばし仮眠ののち、大勢のカメラファンで混雑するという国道沿いの撮影ポントは、折からの濃い霧の中に100m以上の三脚の列に、予想されていたとは言え改めて驚愕。

気温5℃、防寒衣にヘッドランプの異様な集団であるが、ぼくもその中の一人となる。

晴れる筈の霧は一向に薄れず、ついには霧雨模様となる。

c0156404_9435458.jpg

c0156404_9441057.jpg

D700, AF Nikkor 24mm-85mm/2.8-4D, f 3 1/8, f4.5 1/15,ISO 3200, WB晴天


画像は日の出20分ばかり前のグループのメンバーたち。デジカメはオート露出にすると、マイナス2EVアンダーぐらいではまだまだ昼間に近いような明るさになる。

マニュアル露出で手持ちのスナップ、さすがにぶれぶれはご愛嬌。この日、無常にも霧は全く晴れず。
by kurakame | 2008-10-10 09:56 | Comments(8)
Commented by REN♪KON at 2008-10-10 10:38 x
◎わぁ~\(◎o◎)/! すごいです☆
クラカメさんとそのグループの方々のフットワークの軽さには本当に頭が下がります。。。<m(__)m>
寒そうではありますが・・楽しそうです~♪♪♪
Commented by ikko at 2008-10-10 12:21 x
kurakameおじさん、
撮影も命がけのようですね。
皆さんの熱心さには驚きです。
仮眠不休の趣味悠々ってとこですね。
だんだん。
Commented by poco at 2008-10-10 15:25 x
こんにちは!
撮影会。伊豆に続い天候は・・・。だったのですね(>_<)
撮影ポイントから少し離れているのでしょうけど、2時にはステキなの星空だったと言うのに・・・。日の出は残念でした。
でも私はこう言う霧に包まれた夜明け前も好きです♪
Commented by kurakame at 2008-10-10 15:34
REN♪KONさん、さすがに歳には勝てませんが、それでも、太陽が霧の間から見え隠れする高原の、今真っ盛りの紅葉、黄葉を楽しんで来ました。
新宿帰着はPM7時すぎ、反省会と称する飲み会しばし(笑)。
Commented by kurakame at 2008-10-10 15:37
ikkoさん、この時間のすごい人出には驚きました。
大型バス2台を連ねた、某著名女流写真家率いる団体さんもいたりして。(そちらはさすがにホテル泊のようでしたが。)
Commented by kurakame at 2008-10-10 15:42
pocoさん、先月の西伊豆の日没、今回の渋峠とお日様には見放されました(笑)。
それでも、眠い身体に鞭打って、霧の合い間の黄葉を、午後からは快晴の志賀高原を満喫してきました。
もちろん、カメラでです(!)。
Commented by AYUMI at 2008-10-11 07:35 x
すごい霧ですね。
話には聞く三脚の列。私もビックリです。
みなさん霧がはれるのを祈るような気持ちだったのでしょうか。
志賀高原も冬になれば雪の世界になってしまうのでしょうから黄葉を楽めたのは良かったですね。
Commented by kurakame at 2008-10-11 07:58
AYUMIさん、1日勝負でもないと、こんな写真はまず撮らないでしょうね。
デジカメは、良く(明るく)写り過ぎます。このシーン、手許が見えないぐらいの暗さなのに、何とかマニュアル露出でこのくらいに表現してみました。
<< 霧の志賀高原 ある階段の印象 >>