霧の志賀高原

国道最高地点(標高2170m)という渋峠、長野・群馬県境でもある。

日の出の時刻を1時間以上すぎても、一向に霧は晴れない。
霧の国道脇には真っ赤に色づいたナナカマドが濡れている。ホテルのショップの開くのを待ってホットコヒーで一休み。
c0156404_8151666.jpg


霧の国道を白根山に向って下るもまだまだ霧の中。国道脇は見事に黄葉しているのだが。
c0156404_8165276.jpg


白根山周辺も相変わらず。ひたすら晴れ間の現れるのを待つ。長野ナンバーの軽自動車の女性はペンタ6×4.5、かなりのベテランの様子。霧待ちの雑談中に彼女の友人から下のほうは晴れてきたというケータイが入る。

昼食後の蓮池。このあたり黄葉はピークを迎えているようだ。
c0156404_8211162.jpg

Nikon D700, TAMRON 28mm-200mm/3.8-5.6
画像はクリックで拡大します。

by kurakame | 2008-10-11 08:28 | Comments(2)
Commented by REN♪KON at 2008-10-13 09:35 x
◎REは中央高速のトンネル内で長野⇔群馬の県境をよく通ります(笑)
綺麗ですね~!(^^)!
もうすっかり・・今は紅葉の真っ只中なのですね☆
霧と紅葉の中のあたたかいコーヒーもなんだかとても美味しそうに思います♪
Commented by kurakame at 2008-10-13 16:41
REN♪KONさん、渋峠に1軒の山小屋風の渋峠ホテルがあります。その建物の真ん中を県境が通っているのだそうです。
ホテルの正面の壁に<長野県←|→群馬県>とありました。
<< まだまだ霧の中 - 志賀高原か... 志賀高原渋峠の夜明け >>