2016年 08月 12日 ( 1 )

国立西洋美術館





上野の国立西洋美術館が世界文化遺産になった。(ちょっと遅いニュースだが)

パンダの上野がコルビュジェの上野になった勢いで、上野(の一部)ではお祭り騒ぎのお祝いだ。

やや横目でみれば、上野が世界遺産になったのではなく、コルビュジエの世界7か国に遺る17の建築作品が世界文化遺産になったのだが。


ル コルビュジェ (Le Corbusier)、20世紀の近代建築を代表する建築家の一人。

半世紀前の建築学生であったボクらも、当然、遥か先の憧れであり目標であった。


国立西洋美術館は上野駅の古くからある公園口を出てすぐのところにある。

ボクが学生の頃、ちょうど通学路の脇で西洋美術館と、その前の東京文化会館が工事中であり、竣工した。


西洋美術館はコルビュジエの基本設計により、そのお弟子さんである3人の日本の建築家たちによって実施設計、監理がおこなわれた。

前川國男、坂倉準三、吉阪隆正である。三氏ともに日本を代表する建築家であった。

ちょっと思いい出しても、前川さんの東京都美術館(上野)、坂倉さんの鎌倉近代美術館や新宿駅西口総合計画、吉阪さんはアテネフランセなど。

そして、西洋美術館のすぐ前の東京文化会館は、前川さんの同時期の作品である。


考える人 (Auguste Rodin)
c0156404_14563641.jpg


カレーの市民  (Auguste Rodin)
c0156404_1501928.jpg


弓をひくヘラクレス (Emile-Antonie Bourdelle)
c0156404_14585284.jpg

Leica T, Summicron-T 1:2/23 ASPH.

More (夏休みの西洋美術館前と台東区循環バス)
by kurakame | 2016-08-12 07:30 | T (Typ701) | Comments(2)