2016年 10月 10日 ( 1 )

お茶ノ水界隈 - ギャラリー バウハウス





ギャラリー バウハウスは神田明神のすぐお隣にある。

最上質のオリジナルプリントの展示」というコンセプトで、写真家小瀧達郎氏が開設されて10年になる。


この間、数多くの写真家たちの上質の作品が展示されてきて、ボクも結構ここに足を運んできた。
ユージン・スミスやロバート・フランクのオリジナルを観たのもたしかこのギャラリーであった。


今回は写真家水島雅美さんがプラハ在住時に撮られたローライフレックスによるモノクローム作品。
「Solitude 優しい孤独に包まれて」だ。(~10月15日)

20cm角の作品たちは、いずれもプラハの街の観光客があまり知らない優しい佇まいをしっとりと描写していて、
それよりも何よりも、作者の感性が溢れている印象が心に深く残った。


前回のチョートクセンセイに続いて、今回も作者さんとお話させて頂くことが出来たのもラッキーであった。

ここで伺った嬉しい報告、水島さんは我らがエキブロのメンバーさんであったこと。

c0156404_1434851.jpg





バウハウスを辞して、神田明神はスルーさせていただいて、反対側の通りに出る。

画面右手、清水坂方面へ下ると湯島天神、左へは御お茶ノ水駅。

c0156404_1041481.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-10-10 07:02 | M(Typ262) | Comments(6)