2016年 11月 05日 ( 1 )

日本民家園まつり 2016 - 秋川歌舞伎あきる野座





文化の日、快晴。川崎市立日本民家園での「日本民家園まつり」。

民具の制作実演や販売、子供の昔遊びの数々。多くの古民家の床上開放などの盛りだくさんの行事が行われた。


まずは、志摩半島の漁村の神社から移築されている「船越の舞台」(国指定有形見続文化財)で、
このところ恒例になった秋川歌舞伎あきる野座子供歌舞伎公演(有料)を観る。


船越の舞台は江戸末期の建築で、回り舞台スッポン簀子などの装置が完備しており(もちろん手動)、
こちらでは観客席も野外だが階段状に設えられている。


秋川歌舞伎は、東京都秋川市に伝えられている農村歌舞伎で、とくに、小中学校の子供たちも熱心に学んでいるという。


開幕はあきる野市立東中学校伝統芸能部のお嬢さんたちの舞踊「京の四季」から。
c0156404_1505397.jpg



子供歌舞伎はご存知、義経千本桜二段目、伏見稲荷鳥居前の場。
主役たちは小中学生だが人材不足で端役にはOBも手助け、最高齢は84才だとか。

舞台上手(向かって右側)の格子窓は出語り(語り手の席)、この日は保存会会長さんの浄瑠璃がナマで披露された。
c0156404_1541438.jpg



世話焼きさんは記録にもお忙しそう。
c0156404_1553564.jpg

LEICA M5, Summaron 35mm/3.5, ILFORD XP2 Super.
by kurakame | 2016-11-05 07:10 | M5 | Comments(4)