2016年 12月 08日 ( 1 )

ご近所ズマロン - 小さな公園





ライカのレンズにはそれぞれのタイプによって名前が付けられている。

ズマロン (SUMMARON) は戦後初期からの35mm広角レンズで、今では押しも押されもせぬオールドレンズである。(More 参照)


このところ、そのズマロンの稀少版、当時では超広角の部類に入ってた28mm/5.6が
リニューアル復刻されて、ライカスズメたちにはちょっと話題になっている。


で、ボクのところの普通のSummaron 35mm/3.5は、フィルム専用みたいになって、たまに引っ張り出される程度だったが、
思い出して、そうだ新しいデジタルライカではどんな写りをするのだろうかと、晴れた日にご近所に出かけてみた。

あのころのレンズでは収差のせいも考えて、絞り開放はあまり使わずに、ある程度絞って使っていたが、
この日は思い切って開放f3.5でのトライ。


ちょっとだけ残されている松林から遠方の共同住宅を。
c0156404_10235619.jpg


通路際のベンチの落葉。
c0156404_10245185.jpg


苦手な逆光を敢えて。
c0156404_1026135.jpg


上を向けば、雑木もみごとに黄葉。
c0156404_10273881.jpg

Leica M(Typ262), Summaron(L) 35mm/3.5

More (ボクのズマロン)
by kurakame | 2016-12-08 07:02 | M(Typ262) | Comments(6)