2017年 11月 11日 ( 1 )

隣村初冬 - 残り柿







わが街、周辺隣村一帯は古くは柿生村と呼ばれてきた。


半世紀近くの昔、さらに先の「隣村」に多摩ニュータウンという巨大な「村」がうまれるに伴って、
私鉄の支線がニュータウンに向かって伸びて、丘陵を切り拓いた沿線は瀟洒な住宅街に変身した。


そんな中で、わが隣駅の駅前には広いお屋敷が残り、周辺にはかなりの農地が残っている場所がある。

この秋では珍しく快晴の日の、柿生の里の残り柿が傾いた陽に輝いているのに出会う。

c0156404_13112395.jpg



お馴染み、近郊農地の風景

c0156404_13113495.jpg

Leica M(Typ262), Elmar-M 2.8/50


by kurakame | 2017-11-11 07:01 | M(Typ262) | Comments(8)