カテゴリ:M MONO( 334 )

梅雨の合い間に線路際ぶらり



梅雨空、曇り空、雨、と続いたころに、薄日も望めないままに隣村あたりの線路際あたりをぶらり。


小田急線は多摩川から西へ川崎市の北部では、県道世田谷町田線とほぼ並行して走っている。
おそらく丘陵の尾根や谷戸を避けて、平坦な地形が選ばれたのだろう。

隣駅の近くでは、この県道と反対側にもクルマが行きかえる程度の生活道路が線路際にある。


隣駅の傍の、道路が高くなっているあたりの、線路敷きとのあいだの崖地にはケヤキの大木が半世紀の歴史を語っているようだ。

c0156404_161319.jpg

Leica M9, Elmarit-M 28mm/2.8



なだらかな坂道を下って行くと、季節にはちょっと早いようにも思える自生のタチアオイが花を開いていた。

c0156404_16163024.jpg

Panasonic LUMIX G5, G 20mm/1.7
by kurakame | 2015-07-13 07:02 | M MONO | Comments(0)

梅雨入り前の西新宿 - アーチとタイル




お馴染みの西新宿高層ビル街区の立体橋脚の一つである。

いうまでもなく、アーチの構造は石積や煉瓦積みの空間を支えるために、紀元以前遥か昔に考案されたものだ。


近年はデザイン上の要求からのアーチ型に方が多いようだが、この形のRCに煉瓦を張り付けて仕上げを考えると、
どうしてもオリジナルの「せり持ち」スタイルのマネゴトになってしまう。


こんなことが脳裏をよぎっていたら、ファインダーの前を颯爽と通り過ぎた女性がいた。

c0156404_1521141.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8
by kurakame | 2015-06-12 07:22 | M MONO | Comments(0)

梅雨入り前の西新宿 ― タイルと石の構図




関東地方も梅雨入りとなった。

例年、梅雨入りの初めの頃は、時々晴れの日もでてくるようなので、まずは順調な梅雨入りであろうか。


いつも歩いている超高層ビルの道路側に、タイルと石の小口積仕上げのオブジェというか構造物に近いものがある。


一部分を切り取って眺めているとさまざまな構図の絵が見えてきた。

c0156404_14372057.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8
by kurakame | 2015-06-10 07:29 | M MONO | Comments(0)

横浜駅東口 - ベイクォーター 上と下




港の隅っこの運河(新田間川)を越えて賑やかな商業施設のほうに行ってみた。

地形の関係から、運河側から見ると6、7階建てに見えるが実際はメインの地盤が中間あたりなので、上半分下半分の感じだろうか。

横浜ベイクォーターという商業施設である。



上のほうを見ると5月の青空に、港方向の眺望を優先したと思われる多分飲食店だろう。

c0156404_13759.jpg




一番下には横浜港遊覧水上バス(シーバス)の発着場。

シーバスってBUSのことだと勝手に思っていたら、お魚のBASSであった。

c0156404_1351582.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8




グループしゃとる写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~ 開催中。 詳しくは こちら。
by kurakame | 2015-05-25 07:34 | M MONO | Comments(0)

横浜駅東口ベイエリア ― 駐輪場



横浜駅の東口ベイエリア側の開発は、みなとみらい地区にいくらか遅れをとったようだが。


国道や高速道路も複雑に立体化し、ウオーターフロントから新しい商業施設までは何層もの階段のアプローチが伸びたりしている。



運河を越える歩道橋から見下ろすと、水辺沿いには満杯の駐輪場。

c0156404_10273262.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8




グループしゃとる写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~ 

5月24日(日)~5月28日(木)   詳しくは こちら (クリック)
by kurakame | 2015-05-23 07:19 | M MONO | Comments(0)

ライカそごう横浜店にセイケトミオさんの新作を観る




もう半月ほど前になってしまったが・・・。

セイケトミオさんがLeica X2で撮られた作品がライカそごう横浜店で展示されているというので出かけてきた。


セイケさんがX2で撮られたということは当然の最近作で、それも大伸しが10点以上もあったかな。

カメラやレンズが変わってもセイケさんのモノクロームの抒情は健在である。


お店のKさんともゆっくりとライカ談義も出来て、M Mの新型(Type246)とか、いろいろな情報も教えていただいたが、
残念ながら、おいそれと衝動買いというわけにはいかない世界。


またまた、素晴らしい作品を見るともうシャッターが押せなくなってしまったような、大型連休の横浜の半日。

c0156404_1482153.jpg

c0156404_1484171.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8
by kurakame | 2015-05-20 07:29 | M MONO | Comments(0)

表参道初夏 - 木漏れ陽




東京青山の表参道は、いうまでもなく明治神宮の表参道である。

みごとなケヤキ並木は今、初夏の光に輝いている。


が、このケヤキ並木、実は東京大空襲で壊滅して、戦後の二代目であるそうだ。

70年の平和な時間を改めて思はざるを得ない昨今ではある。


さて、若者たちがメジロ押しに腰を下ろしているうねうねパイプベンチ、隙間を見付けて一休みと仲間入りをする。


雑踏の歩道にケヤキの若葉の木漏れ陽を見ていると、一瞬、人通りが途絶えた。

c0156404_961745.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1

More ( いつもの雑踏 )
by kurakame | 2015-05-15 07:17 | M MONO | Comments(0)

南青山みゆき通り - PRADA et miu・miu




表参道の交差点から根津美術館に向かう南青山みゆき通り。

古くはFROM FIRST やヨックモックに始まって、今では軒並みにブティックオンパレードである。


中でも、大きなガラスブロックの、小さなお城のようなPRADA南青山店は、
竣工後10余年を経て、今も新鮮な存在感を誇っている。

c0156404_10544171.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1

 More (miu・miu)
by kurakame | 2015-05-13 07:27 | M MONO | Comments(0)

南青山みゆき通り - 新緑のSee Through




青山の表参道から根津美術館、青山霊園方面へ向かう通りもみゆき通りというらしい。

小型ながら超一流ブランドのブティックが、年々増え続けて魅力的な通りである。


5月の休日、狭い歩道は何時にも増しての混雑で、人通りの途切れるのを待つのも一苦労。


この日は若い人たちに交じって中高年の紳士淑女の姿が目立ったのは、
どうやらお目当ては根津美術館の特別展示にあったようだ。

c0156404_9494398.jpg


南青山のSee Throughもやはり新緑。

c0156404_8164542.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1

More(グループ写真展のお知らせ)
by kurakame | 2015-05-11 07:21 | M MONO | Comments(0)

水車小屋も新緑の中




5月3日、ゴールデンウイーク真っ盛り。山も里も街も新緑の中にある。


生田緑地の川崎市立日本民家園。

信州から移設された水車小屋も、もちろん緑一色に包まれていた。

c0156404_1016332.jpg

Leica M9, Planar 50mm/2 ZM
by kurakame | 2015-05-03 07:12 | M MONO | Comments(0)