カテゴリ:M9( 323 )

新春隅田川 - 佃川支流船溜まり




隅田川からほんのちょっとだけ入り込んだ、おなじみ住吉神社裏の船溜まり。

旧佃川が佃大橋などの工事で半端な感じで残ったようだが、釣り船やレジャーボートの船溜まりとして活用されている。


佃のビューポントとしても知られる高層マンション群をバックの船溜まりショットは定番だが。

c0156404_9231918.jpg

c0156404_927695.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2015-01-15 07:15 | M9 | Comments(4)

新春隅田川 - 佃の渡し跡




年が明けて1月も中旬に入った。

既に日没は20分近くも遅くなり、日の出もようやく少しずつ早くなり初めて、昼日中の陽射しはずいぶんと強くなってきた。


隅田川、東京オリンピックの年に佃大橋が開通するまで、佃島への大きな交通機関であった佃の渡しも廃止される。

学生時代、都市計画の勉強だとかなんとかいって、友人たちとこの渡し船に乗りに行ったことがあった。


佃側の船着き場の跡に残る数本の木杭。渡しの遺構であるのかどうかは知らないが。

c0156404_22225182.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2015-01-13 07:14 | M9 | Comments(12)

冬晴れ - 西新宿




年が明けて、再び日本列島は強力な冬型の気圧配置に覆われてきた。

日本海側の大雪が、雪雲をすっかりと地上に落として、太平洋側にはもう雲は届かない。


本州の一番巾の広い関東地方では、この現象がことに顕著である。

毎冬、雪と戦っている地方の方たちには申し訳ないような、冬晴れである。

c0156404_13283047.jpg

Leica M9, Color Skopar 21mm/4
by kurakame | 2015-01-09 07:20 | M9 | Comments(10)

年の瀬2014




ついに(!)2014年も残すところあと1日となってしまった。

隣のそのまた隣町の、新しく駅前再開発で出来た大型商業施設に向かう駅からのペデストリアンデッキ。


冬の低い角度の陽射しが、建物や人の長い影を落としているのが印象的であった年の瀬の午下がり。

c0156404_1171613.jpg

c0156404_1175559.jpg

c0156404_1182193.jpg

Leica M9, Super Wide-Heliar 15mm/4.5
by kurakame | 2014-12-30 07:29 | M9 | Comments(16)

ご近所散歩も駅前イルミネーション




クリスマスも過ぎて、イルミネーションもちょっと色褪せた感じがしないでもない。

もともと、クリスマスツリーに便乗した年末年始の人寄せイベントの性格が強くて、2月のバレンタインまで持ち越す例も多い。


わが私鉄駅前も、ご同様に年々華やかになってくる電飾に輝いて年の瀬を迎えた。

c0156404_942369.jpg


c0156404_9422743.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2014-12-28 07:36 | M9 | Comments(8)

南新宿、師走の宵 - 甲州街道




新宿駅の南口はすぐ前を国道20号、甲州街道が横切っていて、開発が遅れていたが。

さすがにここ10年余り、見違えるような新しい街になりつつある。


甲州街道が何本ものJRや私鉄の線路をまたぐ大陸橋の大工事もいつ終わるのかと思えるほどに延々と続いている。


小田急グループ肝いりの新宿テラスシティは、西口のデパートから、
ちょっと無粋なトラスのペデストリアンで街道を跨いでサザンテラスへとつながっている。

c0156404_1011316.jpg

Leica M9, Color Skopar 21mm/4
by kurakame | 2014-12-26 07:32 | M9 | Comments(8)

西新宿、師走 - イルミネーション@MOSAIC STREET





西新宿の、比較的静かな高層ビル街のメインストリートを新宿駅に向かう。

月並み、いや、年並みながら、モザイクストリートのイルミネーションを見るためにちょっと寄り道。


西口側の階段付近と、南口寄りの小さなステージがここのイルミネーションのメインである。

ステージはピンクの球体が寄せ集まったデザインだが、良く見ると3人の人型。
まったくホンモノは知らないのだが、これも「アナ雪」のイメージなのかな。


自分(たち)撮りを仲良く眺めるカップルが、画面に入った。MERRY CHRISTMAS!

c0156404_1337332.jpg

Leica M9, Color-Skopar 21mm/4
by kurakame | 2014-12-24 07:27 | M9 | Comments(8)

西新宿、 師走 - 家路




西新宿の高層ビル街でも、街路樹や高低差のあるデッキの手すりなどに年末年始のイルミネーションが輝く。

このところ、全国的にも大規模なデザインのイルミネーションがあちらこちらで話題をさらっているが、
それにら比べると、こちらはやや「お付き合い程度」のようにもみえるが。


午後7時過ぎ、この時間は多くの人たちがすでに帰宅したあとか、
あるいはどこかのカフェやレストランや飲み屋で盛り上がっているころであろうか、通りの人影はまばら。

c0156404_9155290.jpg

Leica M9, Color Skopar 21mm/4
by kurakame | 2014-12-23 07:18 | M9 | Comments(6)

西新宿 、師走 - 信号待ち




いよいよ2014年の師走も下旬に突入。明日は冬至だ。

突き抜けるような青空の快晴だが、高層ビルから吹き降ろす北風は肌を突き刺して通り過ぎる。


お昼ちょっと過ぎでも、日差しはかなり低い。逆光の中の信号待ちの人たち。

c0156404_15492895.jpg

Leica M9, Color Skopar 21mm/4

by kurakame | 2014-12-21 07:33 | M9 | Comments(4)

師走のご近所歩き - 駅前、都市の構図




新宿から私鉄急行で30分足らずの駅前は、丘陵を伐り崩して開かれて間もなく半世紀近くになる。

小さな丘を完全に削り取っての開発だから、当然に地盤のレベル差は大きい。


東側の住宅地からは、ほぼフラットに駅の立体改札へと歩行者専用道路が伸びてくる。

このレベルが駅前のメインの歩行者デッキで、駅のほかに周囲の商業ビルなどへの主要なアプローチとなっている。


下の階がグランドレベルで、バスやタクシー乗り場となる。


このレベルから、歩行者デッキ階を見上げる。
c0156404_1448295.jpg



振り返ると、このレベルの歩行者道路が西側の大きなマンション群のほうへと続いている。

高低差の関係で、こちら側の道路のレベルはさらに下の段となる。
c0156404_14515731.jpg

Leica M9, Super Wide-Heliar 15mm/4.5
by kurakame | 2014-12-19 07:35 | M9 | Comments(10)