カテゴリ:GM5( 58 )

戻り梅雨のような土用の合い間に夏の光を見た





完全空梅雨に近かった関東南部の梅雨が明けて、夏の土用に入った途端、
まるで戻り梅雨が始まったかのようにぐずついた天候が続き始めた。


天気図は戻り梅雨では無くて、この天候は南の海に迷走している台風5号の影響が大きいらしい。

そんな中でも時折雲の切れ間が現れて太陽が顔を出すと、
その光は、やはり真夏の陽光そのもであった。


今日から8月。

c0156404_09041231.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2017-08-01 07:05 | GM5 | Comments(2)

モノクロームでニコタマ - LOUIS VUITTON





ニコタマの半世紀にわたるショッピグの中心は、いうまでもなく二子玉川高島屋SCであろう。

最近は、駅の南側にも大型の複合商業ビジネス施設のライズもお目見えしたが。



デパートの1階というのは、とくに近頃、著名ブランドのブッティックなどが多くの床面積を占めるケースが多いようだ。

こちらも、まあ、1階のほとんどはブティックだ。


正面の大通りの歩道からさらに植栽ゾーンを隔てた歩行者通路に面した大きなスペースは、
通常なら華やかなディスプレイが展開する筈だが、ここでは大きなロゴの店名のみ。

もう、商品を外から見せびらかさなくてもいいのだろう。

c0156404_08293427.jpg
c0156404_08295160.jpg

Panasonic LUMIX GM5, NOKTON classic 35mm/1.4


by kurakame | 2017-07-29 07:18 | GM5 | Comments(4)

モノクロームでニコタマ - NOKTON classic 35mm/1.4






VoigtlanderブランドのNOKTON clasic 35mm/1.4。

メーカーのCOSINAさんによると、
「クラシックレンズの味わいを最新の光学技術で磨き上げ、現代に甦らせた」とある。

何よりも小さくて軽いので、街歩きにも持ち出しやすい。


今回は、これも小っちゃなPanasonicさんの LUMIX GM5に装着してのニコタマぶらり。


M4/3のG5に取り付けると、35mmフルサイズ換算70mmの画角の中望遠となる。

中望遠、大口径F 1.4の効果がまた新鮮だ。

c0156404_13080623.jpg

Panasonic LUMIX GM5, NOKTON classic 35mm/1.4






by kurakame | 2017-07-27 07:04 | GM5 | Comments(2)

名残のご近所サクラ - 青空が出た





遅れに遅れて満開になった遊歩道のソメイヨシノ。

途端に冷たい雨が一日中降り続いたりして、花散らしの雨かと思ったが、
翌日の快晴の青空に、しっかりと花は残っていた。


通りすがりの青空ショット。

この時のカメラは小っちゃいGM5、おまけにボデイキャップレンズではあったが、
先ずは17年の遊歩道ソメイヨシノ。

c0156404_14445470.jpg


c0156404_14451438.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Olympus BCL 15mm/8


by kurakame | 2017-04-15 07:33 | GM5 | Comments(4)

雨の巾着田 「曼珠沙華の里」





9月のグループ撮影行は「彼岸の中日」、雨脚の強い日高市「曼珠沙華の里」巾着田であった。

朝からの強い雨であったが、予定のグループ行動でもあり、こんな時でもなければ雨の巾着田に行くことは無いだろうと痩せ我慢。


この時期、地元では「曼珠沙華まつり」の真っ最中。ヒガンバナは満開。


現地に着いてみると、かなりの数のツアーバスがすでに駐車場にあり、グループ客もかなりの賑い。

やはり、予定は変えられないことが多いのだろうか。


傘を差しながらの片手撮り用のGM5に単焦点レンズのスナップから。

c0156404_15102219.jpg

c0156404_15104381.jpg

c0156404_165428.jpg

c0156404_1511943.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 1:1.7/20 ASPH.
by kurakame | 2016-09-26 07:07 | GM5 | Comments(4)

20cm反射望遠鏡直焦点で土星を撮ってみた







地球接近からどんどんどん遠ざかりつつある火星は、宵の南西の空に土星やアンタレスとともに傾いてきた。

この3つの1等星を眺めている内に、土星の写真を撮ってみようかと思いついた。


惑星の拡大写真は、見かけの大きさが小さくて、普通は天体望遠鏡で拡大して撮影する。
この場合、光量が著しく少ないので、長時間(たとえば1分とか)の露出が必要となる。
なおかつ、数十枚の連写をしてソフトで積み重ねたり(スタック)すると一層クリアになる。

当然、星の日周運動を自動追尾する赤道儀という架台も必須だ。


昔天文少年も、このような機材は持ち合わせていない。

ただ、手製の天体望遠鏡はある。手製だが、主鏡は木辺鏡だ。口径200mm、焦点距離1660mmだから F=8.3となる。


直焦点なら何百分の1秒ぐらいで写る筈だ。大きさは月面のクレーターから予想できるし、この前火星も円盤状に写った。

土星の視直径はあの時の火星よりはちょっと大きい。


結果、M4/3画面のノートリミングの画像がこれ。ネット上で確認できるだろうか。

かなりの露出不足であったが、あまりシャッター速度を遅くするとブレる恐れがあった。

c0156404_21155223.jpg


PSEのソフトでいくらか拡大してみた。なんとか楕円形の輪も確認できた。

c0156404_21191224.jpg


再挑戦の機を伺っていたが、今年のシーズンは終わりに近づいた。来年を待とう。

20cm反射経緯台+Panasonic GM5、1660mm/f 8.3. 1/400s ISO 3200,WB 5400K
2016/8/12. 20:18JST


by kurakame | 2016-09-15 07:02 | GM5 | Comments(6)

新宿モノクローム - i ・ LAND PATIO





野外彫刻の L O V E (前掲)は比較的広い敷地に複数棟からなるアイランドタワーの公開空地の一画にある。


大型の円形サンクガーデン i ・ LAND PATIO は、そのアイランドタワーの施設の一部で、
周囲にはショップやレストランのある開放的なスペースとなっている。

ここでの買い物に関係ないらしく、皆さん三々五々テーブルについて食事やお茶、あるいはおしゃべりに興じている。

さすがに猛暑の昼間では、中央部の日の当たる場所はほとんど人がいない。


この日はうす曇りでも、かなりの暑さであった昼さがり。道路側からのスナップ。

c0156404_14541934.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 1:1.7/20 ASPH.
by kurakame | 2016-09-04 07:10 | GM5 | Comments(4)

新宿モノクローム - 裏側 L O V E






西新宿の高層ビル街の大きな交差点脇の真っ赤な L O V E のオブジェはやはり人目を惹きつける。

ここを通るたびに、カメラを向けたくなるのだが、その強烈な個性のせいか、なかなか上手く撮れない。


で、裏ワザになりがちなのだ。文字通り、裏から、モノクロームで。


バックの交差点の雰囲気と合わせると、たまには面白い絵が撮れるような気がして、今日もまた、裏側 L O V E である。


この野外彫刻は、アメリカの美術家Robert Indiana氏の制作で、全米の多くの美術館に展示されての名作であるという。

海外でも、何か国かの都市に存在するらしい。トーキョーはここ、西新宿だ。

c0156404_14304318.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 1:1.7/20 ASPH.
by kurakame | 2016-09-03 07:18 | GM5 | Comments(4)

グループ撮影行8月はアクアパーク





8月のグループ月例撮影行は暑さを避けて例年屋内のあれこれとなることが多い。

今年は台風関東直撃の前週、ユニークな新しい型の水族館アクアパーク品川であった。


夏休みのお子さん連れで満員の館内、デジイチに大型ズームのおじさんおばさんグループはちょっと場違いな雰囲気。


直観型テーマパークと称するアクアパーク品川は、あらかじめWEBなどでイメージを掴んではいたが、
ここはまさに音・光・イルミネーションの最新テクノロジーがふんだんに取り入れられたお魚のテーマパークであった。


エントランスから近くのJellyfish Rambleは、真っ暗に近い空間に円筒形の水槽が林立してくらげ
さまざまに変わるイルミネーションに色づけされて浮かび上がる仕掛け。


これは、高感度、大口径のデジカメでしか撮れないい被写体だ。

見ていると、若い人たちのスマホでは結構撮れているようだ。スマホ恐るべし。

c0156404_1035965.jpg

c0156404_106366.jpg



2階、Wonder Tubeのかまぼこ型天井も水槽でマンタやエイが悠々と泳いでいる。
c0156404_1065962.jpg

LUMIX GM5, NOKTON 10.5mm/0.95
by kurakame | 2016-08-24 07:06 | GM5 | Comments(8)

銀座ウオッチング - 台風一過のちにわか雨





7号台風が駆け抜けての翌日はまさに「台風一過」の快晴酷暑であったが。

その翌日は、暖気と寒気との衝突とかで、あちらこちらで局地的なゲリラ豪雨


午後3時前の銀座、一天にわかに掻き曇りあっというまの強雨。
折りたたみ傘程度では役に立たず、デパートなどのエントランスや軒下にしばしの雨宿り。


のちの気象庁の発表では、東京都中央区での1時間雨量は50ミリ超であったらしい。


本州南海上で矢継ぎ早に台風発生、9号、10号。週明けにも再び関東接近か。朝から雨の土曜日。

c0156404_15343353.jpg

c0156404_15344797.jpg

c0156404_15345886.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G Vario 1:3.5-5.6/12-32 ASPH>
by kurakame | 2016-08-20 07:25 | GM5 | Comments(4)