カテゴリ:GM5( 58 )

ヤマボウシ と NIKKOR *ED 180mm/2.8




庭先のヤマボウシが今年も満開の季節を迎えた。

年々成長して樹高も高くなり、ちょっと低い位置の道路からは気が付かなかったりするほどになった。


で、2階の窓からの目線がピッタリのヤマボウシの花である。

c0156404_9534148.jpg

Panasonic LIMIX GM5, NIKKOR 180mm/2.8



突然、ニッコール。

戸だなの奥の方に遠慮がちに置かれていた、180mm/2.8、どこかの中古市で格安で手に入れたものだが、
なにしろ、180mmのくせにやたら重い(800g以上)ので、今となっては滅多に出番もない。

そうかといって、トレードに出してもオンボロではもう値もつくまい。


ここで、窓先のヤマボウシを眺めていて思いついた。

手許にはM4/3 - NIKON F のアダプターがある。これは主に天体望遠鏡用に準備したものだが、
現行のニコンのGレンズは絞りが自動なのでこのアダプターは使えない。

ここで、このクラシックなレンズの出番となった。画角からいえば立派にサンンニッパを上回る。(笑)


小雨の朝を待って絞り開放で撮ってみたのが上のイメージである。(距離は5mぐらい)

c0156404_1074297.jpg




グループしゃとる写真展 ~それぞれの瞬間とき)~  盛況裡に終了しました。

沢山の方のご来場をいただき、ありがとうございました。

by kurakame | 2015-05-29 07:17 | GM5 | Comments(0)

春宵モザイクストリート雨景 - 猫ちゃんドット(?!)




ブレ、ボケ写真が続いたので、カメラの名誉のために(笑)。


明るくライテングされた小さなブティックに何気にシャッターを切っていた。どこか新鮮な印象だったのかもしれない。


現像してみると、壁紙も展示品も店員さんも同じドット柄

さらに100%拡大してみると、とうやらドットは猫ちゃんのように見える。


同じISO800、F2なのだが、明るいのでシャッタースピードは1/500sであった。これならブレる訳はない。
c0156404_10404967.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-03-13 07:33 | GM5 | Comments(6)

春宵モザイクストリート雨景 - 被写体振れ




前回に続いてのブレ画像。

ほぼ同じ露出条件だが、まあちょっと気をつけてシャッターを押せば1/50では止まらなければいけないのだ。


手前を横切る人物は当然前ボケ、被写体ブレ。これはこれで狙った絵になる。

c0156404_945353.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-03-11 07:40 | GM5 | Comments(4)

春宵モザイクストリート雨景 - カメラ振れ




春の足音が急ぎ足で近づくにつれ、雨の日も週に1、2回はやってくる。

所用の帰途、宵の西新宿モザイクストリート


新兵器の小さくて軽く高感度特性も良好というGM5に明るい単焦点レンズを付けて、お気軽スナップ。

現像してみて驚いた。盛大な手振れ画像がいくつもあるのである。


手振れ補正機能の無いカメラで、ノーファインダーなどを撮って来たので、
つい新兵器の機能に気を許したのと、カメラのあまりの小ささと軽さのせいに違いない。


因みにデータをみると、ISO800,F2 1/50s 。
c0156404_9291885.jpg

c0156404_929348.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-03-09 07:16 | GM5 | Comments(6)

早春の銀座ホコテンから - CHANEL




銀座二丁目「ブランド」交差点の一画を担うCHANEL

ショーウインドウは広くて、季節を先取りするさすがに洗練されたディスプレイが何時も目を奪うのだが。


それ故に、ウインドウの”コピイ”でないような絵造りはなかなか難しくて、小ブログへの登場は比較的少ない。


ちっちゃなLUMIX GM5のお気軽スナップから。

c0156404_14113724.jpg

c0156404_14115352.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G VARIO 1:3.5-5.6/12-32 ASPH. Mega O.I.S.
by kurakame | 2015-02-21 07:02 | GM5 | Comments(6)

早春の銀座ホコテンから - アップルストア





銀座に早春の季語はあまり似つかわしくないかも知れないか。


土曜、日曜、祝日に実施されている銀座中央通の歩行者天国(ホコテン)は、
車道が自由に歩けるのでいつもとはちょっと違ったアングルで街を眺めることができて、それなりに楽しいものだ。


アップルストアは何時来ても若い人たちを中心に賑っている。
MACのPCにもiPhoneにもご縁が無いので素通りする。


新顔のミラーレス、うっかりしていたら画像サイズが4:3になっていた。

c0156404_1943278.jpg

c0156404_19432990.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G Vario 1:3.5-5.6/12-32 ASPH.Mega O.I.S.
by kurakame | 2015-02-20 07:33 | GM5 | Comments(6)

2日後の富士山頂日没、若しくはコロコロダイヤ富士




わが家のダイヤモンド富士は一昨日、昨日と悪天候に遭遇した。(前掲)

この日(2月10日)は朝から快晴、こんな日に限って夕方の西空に雲が懸ることもことも多いのだが、その杞憂も無く太陽はギラギラと落ちて行く。

ダイヤの日から2日経過して、コロコロダイヤ(前掲、MORE欄)も見頃かと、機材を準備する。


日没20分前、さすがに90km先の富士山頂は霞か薄雲かカメラで確認できない。

あらかじめ電線を避けての設定予定は無残にもアウト。結局太陽を追ってのヤミクモシャッター。


今回はまんまる太陽のイメージだったので、やむを得ず電線一本をレタッチで削除。

まあ研究用の資料でもない老人のオアソビ画像なのでご容赦のほどを。


盛大にゴーストまで現れて、賑やかなコロコロ。

c0156404_1748911.jpg

Panasonic LUMIX GM5, BORG 50 FL 400mm/8
by kurakame | 2015-02-11 07:16 | GM5 | Comments(12)

厚い雲の切れ目、電線の間からの富士山頂日没


富士山頂日没、そう、ダイヤモンド富士

わが家からは2月の8日あたりなのだが、今年は厚い曇り空。


ちょっとタイミングがずれた9日、この日も朝からどんよりの空。日没15分ぐらい前になって部屋に突然日の光が射し込んできた。

富士山方向を見ると、山の端近くに雲の切れ目。慌てて機材を持ち出すがやはり太陽は雲の中。


徐々に日没時刻が近づく寸前、ファインダーの中に雲の切れ目から覗く太陽の輪郭を確認する。

そのままおよそ5分、太陽をカメラで追っかけてすぐに日没を迎えてしまったが。


現像してみると、なんとか太陽の手前に富士山のお鉢の稜線も確認することが出来た。

c0156404_19411439.jpg

Panasonic LUMIX GM5, Borg 50FL 400mm/8, D5 Filter.(ノートリミング)
2015/02/09. 17:00 JST. F 8 1/30 ISO6400.


More(追加:コロコロダイヤ)
by kurakame | 2015-02-10 07:24 | GM5 | Comments(8)