カテゴリ:T (Typ701)( 160 )

SUMMER DIARY 2015 ― 8月12日





立秋を過ぎて猛暑日の連続記録も申し訳程度に途切れたが、まだまだの残暑は厳しい。


この季節になると、何故か70年前の、あの夏の日を思い出す。

空襲警報だけはほとんど四六時中出っ放しだが、ただB29の大群が中京地区から関西地区への移動に通過しただけの琵琶湖の東岸であった。


夏草の匂いは、近くの小川で水遊びに夢中になっていたkurakame少年たちの、川岸の雑草のそれである。


ご近所の空家の庭の夏草と手入れだけは年二回ほど行われている庭木の梅の古木。

c0156404_10313746.jpg

Leica T (Typ701), Summilux 35mm/1.4 ASPH.
by kurakame | 2015-08-12 07:18 | T (Typ701) | Comments(0)

SUMMER DIARY 2015 ― 8月9日




70年前の8月9日、長崎に原子爆弾投下。ソ連参戦。


廣島の新型爆弾の記事はおぼろげながら覚えていたkurakame少年は、何故か当時の長崎の報道の記憶が無い。

既に広島の新型爆弾が原子爆弾であったことは判明していた筈である。

空襲の直接的な被害は無かった田舎で悪ガキ共と水遊びに夢中になっていたのかも知れない。



駅前ペデストリアンデッキの一画に設けられた憩いのスペース。

猛暑の夕方、子供たちは元気だ。この子たちの未来も、平和な世界が続くことを希いたい。

c0156404_1015277.jpg

Leica T (Typ701), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6
by kurakame | 2015-08-09 06:50 | T (Typ701) | Comments(0)

SUMMER DIARY 2015 ― 8月6日




『廣島に新型爆弾か』

翌日のペラペラの新聞の一面にこんな活字が躍っていたのを、
おぼろげながらも覚えていた9歳の田舎暮らしのkurakame少年であった。

あれから70年、戦争の記憶をとどめる人口もどんどん少なくなって来た。


猛暑日の連続記録もあっさりと更新された当地。
ただ8月に入ると、湿度も高くて抜けるような青空は朝の内を除いて少なくなる。


梅雨明け過ぎの空。あの日も抜けるような青空であったという。

c0156404_17335369.jpg

Leica T (Typ701), Summicron T 1:2/23mm ASPH>
by kurakame | 2015-08-06 07:14 | T (Typ701) | Comments(0)

SUMMER DIARY 2015 ― 8月3日




7月下旬からの猛暑の連続はまだまだ納まりそうもない。

が、陽の光は徐々に高度を低くしてくるのが、実感できる8月である。


夕刻を間近に控えた駅前バスターミナルの光と影もそれを物語っていた。

c0156404_14101011.jpg

Leica T (Typ701), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6
by kurakame | 2015-08-03 07:03 | T (Typ701) | Comments(0)

銀座ウオッチング - SALE



いつものようにマロニエ通りに足が向く。


並木通りの角のB店のウインドウデスプレイは何時も好感がもてる。

一流ブティックもこの季節はSALE。気のせいか、saleの文字もオシャレ。

c0156404_9562732.jpg


c0156404_9564960.jpg

Leica T (Typ701), Summicron T 1:2/23mm ASPH.
by kurakame | 2015-07-24 06:51 | T (Typ701) | Comments(0)

銀座ウオッチング - ブランド交差点




関東甲信越は梅雨が明けた。


しばらく振りの銀座。まだまだ梅雨空がぐずついていたある日。


銀座二丁目交差点.一画を占めていたC店は工事中で近くに引っ越したが、まだまだブランドの魔力は健在か。

c0156404_9491254.jpg

Leica T (Typ701), Summicron T 1:2/23mm ASPH.

by kurakame | 2015-07-21 07:11 | T (Typ701) | Comments(0)

梅雨の合い間の線路際ぶらり - 踏切




踏切、開かずの踏切とか、痛ましい事故だとか、問題も多い鉄道と道路の平面交差。

このあたりでは、鉄道駅の立体化などで、踏切の数はかなり減ってきているように思うが。


隣駅から数百メートルの位置にあるこの踏切は、駅前まで行けば立体交差がある割にはクルマの利用もかなり多い。

昼時辺りは、このようにかなり閑散としてはいるのだが、目的地への位置関係からついショートカットしたくなる気持ちも分からなくは無い。

c0156404_145207.jpg

Leica T (typ701), Voigtlander SWH 15mm/4.5


新型の白いロマンスカーVSE(50000形)は展望席付。前景はこんなときもある。
c0156404_9313476.jpg


青いロマンスカーMSE(60000形)はメトロ直通運行もある。踏切待ちはだれもいなかった。
c0156404_9284791.jpg

Leica M9, Elmarit-M 28mm/2.8
by kurakame | 2015-07-17 07:38 | T (Typ701) | Comments(0)

梅雨の合い間の線路際ぶらり - 鉄の路


県道世田谷町田線と小田急の線路敷きの間は、この辺りではワンブロックほどの土地があり、
さまざまな店舗や住宅も建てられている。


当たり前だが道路側が正面で線路側は裏である。

その線路に面した裏側、実は南向きなのだが、その表情もさまざまで面白い。

c0156404_21243294.jpg

c0156404_21245092.jpg

Leica T (Typ701), Summaron(L) 35mm/3.5


c0156404_21251868.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-07-15 07:17 | T (Typ701) | Comments(0)

下がって、アガる❤ TERRACE the Sale



下がって、アガる❤ TERRACE the Sale

これが、たまプラーザ テラスの 今年のSummer SALEのキャッチフレーズであるらしい。


梅雨空の週日の昼下がりのスケッチから。

c0156404_14574868.jpg

c0156404_1532988.jpg

c0156404_14591880.jpg

Leica T (Typ701), Summicron T 1:2/23mm ASPH.
by kurakame | 2015-07-10 07:21 | T (Typ701) | Comments(0)

たまプラーザ テラス




1966年、溝の口から長津田まで東急田園都市構想によって建設された東急田園都市線。

文字通り田園地帯であった横浜市北部の沿線はまたたくまに質の高い住宅地に生まれ返った様子をずっと見てきたように思う。

84年にはさらに西へ延びて、小田急東林間駅につながる。


その中心駅のひとつであるたまプラーザ駅(横浜市青葉区)周辺がここ10年ほどのあいだに大きくリニューアルされて見違えるほどになった。

既存の北口東急デパート、周辺とくに南口の再開発、新しくなった駅舎の上階などが有機的に一体となった複合商業施設。


ネーミングは「たまプラーザ テラス」だとか。

c0156404_14333688.jpg

c0156404_14335090.jpg

c0156404_14483540.jpg

c0156404_14485344.jpg

Leica T (Typ701), Summicron T 1:2/23 ASPH.
by kurakame | 2015-07-08 07:17 | T (Typ701) | Comments(0)