カテゴリ:M(Typ262)( 78 )

モノクロームのご近所散歩 - ゾンネタールの駅前バスターミナル




いつもの駅前バスターミナル周辺。

グランドレベルなのだが、ペデストリアンデッキ階の足元で柱が林立する空間だ。


MS-OPTICAL宮崎さんの快作ゾンネタールも街中スナップでは絞り開放ではあまりにもピントが浅くて苦労する。


今回は絞りをf 2.8まで絞っての2景。

c0156404_1052797.jpg

c0156404_14401587.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-01-31 07:07 | M(Typ262) | Comments(0)

ご近所散歩 - ウルトラワイドでビルの隙間を




40年ほど前に丘陵を切り拓いて造られた新駅の周辺は、大型商業施設を核に中小のオフィスビルも集まってきた。

そんなビルとビルの隙間も近道などで通り抜ける人がかなり見られる。


少しずつ高くなってきた陽の光が射しこむ時間もいくらか長くなってきたようだ。
c0156404_1024574.jpg

Leica M (Typ262), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6
by kurakame | 2016-01-27 07:23 | M(Typ262) | Comments(6)

ウルトラワイドで新春のふるさと公園 




天平の創建、鎌倉期に再興という古刹王禅寺の隣に拡がる10万平米の川崎市制60周年記念ふるさと公園


調布飛行場へ向かうお馴染み新中央航空のドルニエ機は、公園の真上を通る。
12mmのウルトラワイドではけし粒ほどに写るが、等倍で見るとしっかりとディテイルが読みとれた。

c0156404_10445517.jpg



中央の多目的広場の直径は200mはあろうか。休日の家族連れたちは思い思いの時間を楽しんでいる。

c0156404_10435524.jpg



低い位置のバス通りからモダンなデザインの木製階段が公園広場につながっている。
長い午後の日影が落ちた踊り場のウッドデッキに、ちびっこ姉弟が登ってきた。ご両親はあとからゆっくりと。

c0156404_7193386.jpg

Leica M (Typ262), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6
by kurakame | 2016-01-15 07:34 | M(Typ262) | Comments(2)

ウルトラワイドで新春のふるさと公園 - 星宿山王禅寺





好天続きの新春の休日、M9からM262に変わったカメラに12mmのウルトラワイドレンズを付けての隣村散歩。


センサーは18メガのCCDから24メガのCMOSに変わったが、ワイドレンズの色被り傾向は同じような感じである。

手持ちのレンズでは、Color Skoper 21mm/4、Distagon 18mm/4、それに、このUltra Wide-Heliar 12mm/5.6(初期)ともに、
なぜかLens Detectionを 21/f2.8 11134 に設定すると比較的色被りは目立たなくなる。

Super Wide-Heliar 15mm/4.5はだめであった。

絵柄にもよるが、ボクの写真ではこれで充分である。(大伸ばしで額に飾るような絵は創らない。)


いつもの川崎市制60周年記念公園「ふるさと公園」のお隣、星宿山王禅寺から。


深山幽谷の古寺の風情にも見える。屋根の下部の茶色は、照りのある屋根の落ち葉がそのままだ。
c0156404_105737.jpg


本堂と庫裏。いずれもかなり新しい建築である。手前の樹木は最古の甘柿種とされる禅寺丸柿の原木といわれている。
c0156404_10585870.jpg

Leica M (Typ262), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6
by kurakame | 2016-01-13 07:39 | M(Typ262) | Comments(2)

春を待つ丘




ご近所の多摩丘陵の名残の散歩道。

すっかり暖かい年末年始であったが、小寒を過ぎて少しは冬の気配か。


最新のデジタルにオールドレンズ('53年製)を組み合わせてみた。


丘陵の名残の雑木林もさすがにすっかりと葉を落して春を待ちわびている。
c0156404_15394239.jpg



遊歩道の並木の根元では、そうそうに目覚めた植物たちが枯葉のベッドから起き上がっていた。
c0156404_15435013.jpg

c0156404_2025619.jpg

Leica M (Typ262), Summicron(L) 50mm/2
by kurakame | 2016-01-09 07:35 | M(Typ262) | Comments(2)

新春に寄せて - 松の木の風景




ご近所の小さな公園の急傾斜地に自然な姿の松の木が数株ある。

数株という印象であったが、良く数えてみたら30本近くまとまっていた。


自生の松は、当地の丘陵などではあまり見かけないので、樹齢からしてもこの公園ができたときに植えられたものであろうか。


庭の、手入れされた松とは違った独特の自然の風情である。

c0156404_16514742.jpg

Leica M (Typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.
by kurakame | 2016-01-03 07:43 | M(Typ262) | Comments(8)

 迎 春  2016





謹んで新年のご挨拶を申し上げます。



c0156404_9492517.jpg

Leica M (Typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.


昨年は春先から体調を崩して入院通院の日々が多く、撮影も遠出はおろか都内も通院の途中ぐらい、
ひたすらご近所に写材を求めてこのブログをかろうじて継続する始末。


今年はいくらか元気をとりもどして、ゆるりと参ることにしよう。(独白)

by kurakame | 2016-01-01 07:00 | M(Typ262) | Comments(6)

行く年2015 




2015年もあと1日、どうやら穏やかな年の暮れになりそうだ。

いつもの近所の公園。自然に残されらしい雑木の枝先もほとんど葉を落して新しい年を迎えようとしている。


年末になって、Leica M(Typ262)がM9と入れ替わることになった。

早速、サードパーティ製のワイドレンズなどとの相性(色被りの程度など)テスト開始。


いまのところ、色被りについてはM9と大きな差はなさそうな感触を得ている。

軽快さ、軽いシャッター音などはフィルム時代のMを思わせる。

c0156404_10274113.jpg

Leica M(Typ262), Carl Zeiss Distagon 4/18 ZM



来る2016年も良い年でありますように。
by kurakame | 2015-12-30 07:18 | M(Typ262) | Comments(0)