カテゴリ:M(Typ262)( 103 )

U.W.H.12mmワイドレンズで町田 - JR町田駅へ




小田急とJRの町田駅は歩いて数分ほど離れた位置にある。

この両駅を繋ぐ通路は、駅ビル沿いと空中デッキとの二つのルートが造られている。


まずは、良く利用する駅ビル沿いの通路を小田急からJRに向かう。一部分は透明なトップライトの屋根が架けられて、
晴れた日などは骨組みのダイナミックな影も楽しむことが出来る。

c0156404_10221890.jpg

c0156404_10223679.jpg

Leica M(Typ262), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6 ASPHERICAL





第8回 「グループしゃとる」写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~



日 時: 2016年5月26日(木)~5月30日(月)11:00~19:00(初日12:00~、最終日~17:00)

会 場: 西新宿エステック情報ビル2F ギャラリー<クリスタル・スポット>

今展、kurakameの在廊予定は、
5月26日(木)13:00~16:00、30日(月)14:00~17:00
by kurakame | 2016-05-25 10:10 | M(Typ262) | Comments(0)

U.W.H.12mmワイドレンズで町田 - 小田急町田駅




東京都町田市、相模と武蔵の間にある古くからの交通の要衝の町。

かつては八王子と横浜を結ぶシルクロードであった八王子街道と、大山詣での大山道の交点でもあった。
現在はJR横浜線と小田急線が交差する、東京のベッドタウンの商業の中心でもある。


住まいから急行で一駅なので、YバシカメラやTハンズなどへのちょっとした買い物などには良く利用する。


例によっての気まぐれで、この日は、12mmのウルトラワイドレンズで駅周辺のスナップ。
超接近の必要もあって、いきおいノーファインダーも多用しなければならない。

c0156404_13421623.jpg

c0156404_13424212.jpg

c0156404_13425933.jpg

Leica M(Typ262), Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6 ASPHERICAL





第8回 「グループしゃとる」写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~


日 時: 2016年5月26日(木)~5月30日(月)11:00~19:00(初日12:00~、最終日~17:00)

会 場: 西新宿エステック情報ビル2F ギャラリー<クリスタル・スポット>

今展、kurakameの在廊予定は、
5月26日(木)13:00~16:00、30日(月)14:00~17:00
by kurakame | 2016-05-23 07:29 | M(Typ262) | Comments(4)

5月、大型連休の奈良 - 奈良町をかすめて商店街を近鉄奈良駅へ





中金堂再建工事中の興福寺境内から猿沢池、ここまで来れば通常は奈良町散策に繰り出すところだが、
今回は体力リハビリ中でもあり、少しだけ遠回りをして近鉄奈良駅へ向かう。


奈良町の北辺の横丁を餅飯殿通方向に歩く。まだ日は高いが狭い道路は日陰が多く青空も白トビ状態。

c0156404_1553232.jpg

c0156404_1555582.jpg


餅飯殿は古くからのアーケード商店街で、三条通から奈良町中心部へと賑っている。
三条通り近く、猿沢池方向に抜ける路地も面白い。
c0156404_15115421.jpg


三条通はJRの奈良駅から興福寺、猿沢池に通じるメインストリート。

大勢の観光客が群がっているのは最近TVでも有名になった早搗き餅の店。
搗きたての餅が1個から買えるが、立ち食いで口の周りが黄粉だらけになって閉口したので、今回はパス。
c0156404_1517339.jpg


ここからのアーケード街、東向通は近鉄奈良駅に繋がっている。古くからの店も、現代風の店も活況を呈しているように見える。
c0156404_15193612.jpg

c0156404_1520072.jpg

Leica M(Typ262), Carl Zeiss Distagon 4/18 ZM
by kurakame | 2016-05-10 07:07 | M(Typ262) | Comments(2)

5月、大型連休の奈良 - 大仏殿参道




(承前) 大仏殿前から、休日の午後の混雑を楽しみながら参道を戻ることにする。

18mmワイドレンズのDistagonはそのままで、ブラインドシャッターもありの人混みスナップあれこれを。

c0156404_950130.jpg


南大門。
c0156404_9503033.jpg

c0156404_9505127.jpg


参道の土産物店の中の、お気に入り老舗奈良漬け店。
c0156404_9511048.jpg


鹿くんたちも松林の方に避難(?)するほどの混雑ぶり。
c0156404_9512989.jpg


登大路の交差点。ファミリーサイクリングと人力車。
c0156404_9514984.jpg

Leica M(Typ262), Carl Zeiss Distagon 4/18 ZM
by kurakame | 2016-05-08 07:45 | M(Typ262) | Comments(2)

5月の薫風に誘われての奈良公園3時間 - 東大寺鐘楼




二月堂や三月堂の場所からから大仏殿に下るルートは3種類がある。

今回登ってきた南側の手向山八幡ルート、一番人気の北側の二月堂ルート、それに、鐘楼の広場を通る真ん中の道である。


天平時代に鋳造されて大仏開眼の儀式に使われたという大梵鐘と、鎌倉様の建築様式を残した鐘楼はなかなかの迫力である。


ここで、レンズをDistagonに取り換えて、いつも上手く撮れない鐘楼を狙ってみた。

c0156404_13301584.jpg


鐘楼の広場から幅広い階段は、大仏殿の真裏方向に下る。表は大混雑なのに、こちらは閑散、のんびりと新緑を楽しむ。
c0156404_13161163.jpg

Leica M(typ262), Carl Zeiss Distagon 4/18 ZM
by kurakame | 2016-05-06 07:06 | M(Typ262) | Comments(2)

5月の薫風に誘われて奈良公園の3時間 - 手向山





木漏れ日のあいだの階段を登ると正面は手向山八幡宮である。


左手に法華堂(三月堂)、二月堂。右を行くと若草山山麓に軒を連ねる土産物店の前を通って春日大社。

c0156404_14353934.jpg
c0156404_14355844.jpg

c0156404_14361848.jpg


観音院の美しい甍。欧米系の観光客も数多くみかける。
c0156404_14363744.jpg

Leica M(Typ262), Summilix-M 1:1.4/35 ASPH.
by kurakame | 2016-05-05 07:30 | M(Typ262) | Comments(0)

5月の薫風に誘われての奈良公園3時間 - 若草山山麓へ





観光客でごった返している大仏殿参道を横切って、二月堂や三月堂の山裾を目指す。

c0156404_1483542.jpg


大仏殿を過ぎると、目に入るのは手向山八幡宮の赤い鳥居である。観光客の一人になって新緑を楽しむことにしよう。

c0156404_1485213.jpg

c0156404_149582.jpg

c0156404_1492427.jpg

Leica M(typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.
by kurakame | 2016-05-04 07:00 | M(Typ262) | Comments(6)

5月の薫風に誘われての奈良公園3時間 - 築地塀のある横丁





ゴールデンウイーク真っ盛りの一日、汗ばむほどの陽気に思い立って新緑の奈良公園へ。

近鉄奈良駅着12:30、東大寺の近辺をぶらぶら歩きの3時間余り、この辺で体力消耗である。


何時ものことだが、登大路の地下道を抜けて間もなく、つい左に折れていきたくなる路地がある。


両側が古かったり、新しかったりの築地塀の上から木々の新緑が覗いている路地。
普段はあまり人通りが無いのだが、さすがにこの日は添景の人物を待つまでもなく、裏道観光客ももかなり多い。

c0156404_1350278.jpg

c0156404_1351946.jpg

c0156404_13503966.jpg

Leica M(Typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.
by kurakame | 2016-05-03 07:37 | M(Typ262) | Comments(0)

ご近所サクラ - やっと青空が見えた





ソメイヨシノ満開の4月に入って初めての晴天、青空。(4月6日)

ご近所サクラは低めの気温にも助けられて、まだまだ見頃を保っていた。


住宅地と駅前商業地とを分けて既存の沢沿いに計画されたこやのさ緑道の桜を撮って、ご近所サクラの打ち止めとしよう。

c0156404_1018441.jpg

c0156404_10182798.jpg

c0156404_1035354.jpg



丘陵を切り拓いて造成された郊外住宅地。

住宅地と商業地域を分ける緑道は、
かつてこの辺りの村落共有林などの管理小屋があったことに因んでこやのさ緑道と名付けられた。
c0156404_10184477.jpg

c0156404_1032284.jpg

Leica M (Typ262), Elmarit-M 1:2.8/28
by kurakame | 2016-04-07 07:12 | M(Typ262) | Comments(4)

ご近所サクラ - ようちえんのにわ






サクラ満開(!)とはいうが、相変わらずお天気はぐずついたままだ。

この季節、菜種梅雨という長雨がつづくことがあるのだが、気圧配置はちょっと違うようにも見える。


いずれにしても曇天、小雨続きである。


ご近所の古くからの幼稚園。道路際の大きな桜の古木も満開を迎えた。
小雨のなかで、うさぎさんと、滑り台のとんがり帽子をちょっと借りてのショット2葉。

c0156404_1248214.jpg

c0156404_12533642.jpg

Leica M(Typ262), Elmarit-M 1:2.8/28
by kurakame | 2016-04-04 07:40 | M(Typ262) | Comments(4)