<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

奥日光光徳沼のズミ林

新雪は無かったが、バス通りから雪道を光徳沼へは、ズミ林の中を歩く。

ズミ、桷、棠梨、不思議な枝の形から、この林は樹氷になりやすいのだそうだが、この晴天、ましてや午後ではどうしようもない。

21mm、f 8 1/500、パンフォーカスで逆光も順光も同じ露出でえいッ。マニュアルの醍醐味か。

c0156404_8181013.jpg
c0156404_8182535.jpg

Leica M6, Color Skopar 21mm/4, RDP Ⅲ

by kurakame | 2010-01-31 08:20 | TL2 | Comments(0)

真冬の奥日光から - 光徳沼

厳寒期の奥日光の風景を目標のグループ撮影会。大寒に入ってから皮肉にも暖かい日が数日続いた冬景色からポジフィルムで。(1月21日)

光徳沼、名物の雪ボッチも見られず、午後は全くの日陰に入って静まり返っている。水面に映った白い雲でも。

c0156404_85497.jpg
c0156404_86443.jpg

Leica M6, Color Skopar 21mm/4. RDP Ⅲ
このブログの画像は原則として画面クリックで拡大します。

by kurakame | 2010-01-30 08:09 | TL2 | Comments(2)

ウラハラ AM11:00

表参道のケヤキ通りから、旧渋谷川遊歩道通称キャッツストリートを東に徘徊する。

ウラハラ(=裏原宿)の午前、まだまだ眠りから覚めた風情のところも多い。歩行者もまばら、外国からの観光客の小グループか、出勤の店員さんらしき人たち。

c0156404_7582523.jpg
c0156404_7584047.jpg

Leica M6, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, RDP Ⅲ

by kurakame | 2010-01-28 08:02 | TL2 | Comments(0)

新春バーゲン

歳末バーゲンセールから、年が明ければ早々に新春大バーゲン(!)。

グループの奥日光冬景色撮影会の残りのポジフィルム消費(?)で、SWH15mmを付けての早朝(、といってもお昼前)、原宿徘徊から。


c0156404_828444.jpg

Leica M6, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, RDPⅢ

by kurakame | 2010-01-25 08:33 | TL2 | Comments(0)

渋谷の街角で

渋谷の、とある横丁のビルの谷間に見た戸建ての小さな商店。それほど古くも見えないし、まだ営業中のようにも思えるほどの建物の壁。

近付いてみると、裏側は空き地。どうやら一体でのミニ再開発間近ということのようだ。

c0156404_7585549.jpg

Panasonic LUMIX G1, Elmarit-M 28mm/2.8

by kurakame | 2010-01-23 08:00 | Comments(4)

光の春 - 日本民家園

年が改まると、日一日と光の春は輝きを増してくるのが目に見えて実感できるようになる。

c0156404_821666.jpg

Leica M6, Summicron(L) 50mm/2.0, ILFORD XP2

by kurakame | 2010-01-19 08:22 | TL2 | Comments(2)

銀座 - 昼下がりの横丁

裏通り、横丁、どういう呼び方がいいのか良く分からないが、銀座の裏通りでは、東側と西側で随分とその表情は異なっているに思う。

東銀座、西銀座という住居表示は無くて、すべて銀座何丁目となっているのだが。

     週日の午後の東銀座。

c0156404_8354418.jpg

Leica M8, Elmarit-M 28mm/2.8(3rd), UV/IR

by kurakame | 2010-01-17 08:38 | Comments(2)

年の初め - 銀座夕景

カレンダーの関係で、今年の新年仕事初めはほぼ一斉に4日からのようであった。

銀座の夕景、さすがにまだ人通りは少なめ。この時間のスナップには感度不足のISO100ネガがたまたまカメラに入っていたので、やや強引に。

c0156404_8151381.jpg

Leica M6, Summicron(L) 50mm/2.0, FujiColor 100

by kurakame | 2010-01-14 08:19 | TL2 | Comments(2)

古民家の縁側で民具の製作実演

新年初頭の川崎市生田緑地の日本民家園では、「お正月を遊ぶ」イベントが行われていた。デジイチとフィルムの二刀流であったが、催し物が多くてデジの独壇場。

信州伊那から移築された佐々木家の縁側では、正月に因む民具の製作が実演されていた。
お神酒徳利の飾りの削り出し。

多くの見物客がいたのだが、真ん前で興味深くみつめていたのは子供たち。

c0156404_8564748.jpg

c0156404_8571544.jpg

Leica M6, Summicron(L)50mm/2.0,ILFORD XP2
「お正月を遊ぶ」デジ画像は本家「クラカメおじさんの気まぐれ写真」(1/6~1/9)に。

by kurakame | 2010-01-12 09:04 | TL2 | Comments(0)

初春、日本のカタチ - 小さな祠

前掲、川崎市麻生区の白山神社。本殿もミニチュアのような大きさだが彫刻が見事で、覆殿、拝殿、と貫禄のある神社である。

その社殿の横の方に、さらに石段を上ると、1mぐらいの素朴な小さな祠が祀られている。

ささやかな注連縄、紙垂(しで、四手)にカタチの原点を感じたりする。

c0156404_9302774.jpg

Panasonic LUMIX G1, G VARIO 14mm-45mm/3.5-5.6

by kurakame | 2010-01-08 09:32 | Comments(2)