<   2012年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅雨の合い間の檜町公園

東京ミッドタウンの芝生広場に隣接する和風庭園、港区立檜町公園

旧毛利藩の麻布下屋敷跡だという。よく手入れの行き届いた池の周回路には、ピークを過ぎたアジサイが咲き残っている。

c0156404_8321521.jpg

c0156404_832431.jpg

Leica M9, NOKTON 50mm/1.1



「グループしゃとる」写真展 ~それぞれの瞬間(とき)~
More 参照 ↓

More(「グループしゃとる」写真展)
by kurakame | 2012-06-29 08:56 | M9 | Comments(8)

バルナックライカで街歩き - ガード下


有楽町駅と東京駅の間に、大型のコンベンションホール東京国際フォーラムが出来て、もう15年になる。

都庁舎がごちゃごちゃと立ち並んでいた場所の跡に、国際コンペでR.ヴィニオリ氏が選ばれて実現したのが
ユニークなガラスの船が空中に浮かんだような東京国際フォーラムである。

このJR線路側に、線路のカーブに合わせるような形に作られているのが、いわゆるガラス棟であるが、
実はこの線路とのあいだの道路は、主にこのビルのサービス動線として設定されていて、
ガラス棟の下部は大きな壁の閉鎖的なデザインとなっている。


都庁舎華やかなりし頃、賑ったであろうガード下の多くの店舗は、新橋から有楽町にかけての賑いは今は無く、
どうやら現代建築のお化けのようなフォーラムに圧倒されたかのように静まり返っているように見えた。


国際フォーラム沿いのガード下店舗
c0156404_8243659.jpg


東京駅寄り鍛冶橋通りの大ガード
c0156404_8245854.jpg


新幹線下を消防庁の査察官が行く。
c0156404_8251280.jpg

Leica Ⅲa, AVENON 28mm/3.5, ILFORD XP2 Super.
by kurakame | 2012-06-27 08:35 | Ⅲa | Comments(12)

バルナックライカで街歩き - 東京国際フォーラム

土曜日、銀座のはずれあたりの会場での、高校の東京同期会は「喜寿の会」(!)であった。

いつもの写真担当は軽くて良く写るミラーレスのデジであったが、
特別にボクのエイジライカであるⅢaを出席者に紹介して、これでも記念写真を撮った。
同期生であるから、あたりまえだが、みんなと同じ生まれ年のライカである。
意図的にモノクロフィルムを装填しておいた。

ほろ酔いの帰り道に京橋から有楽町へ、国際フォーラム(T.I.F.)の中庭をを歩いて行く。

レンズは、絞りのクリックストップがきかなくなって、棚の隅に眠っていたAVENON 28mmm/3.5を引っ張り出す。
小さくて軽いからである。これでもGF1とミニ三脚を入れると、近頃のボクの街歩きよりは重くなる。

AVENONは、コムラーにいたアベさんが独立して作ったLマウントのレンスである。

92年のライカブックにも、エルマリートに劣ることのない描写だと紹介されている。たぶんこのころにボクも購入したのだったと思う。

c0156404_15413378.jpg

Leica Ⅲa, AVENON 28mm/3.5, ILFORD XP2 Super.

More(国際フォーラムの中庭マルシェ?)
by kurakame | 2012-06-25 07:25 | Ⅲa | Comments(4)

銀座、雨色夕景 - マロニエ通り

銀座の雨の夕景、終章は銀座二丁目交差点から有楽町駅につながるマロニエ通り。

街路樹のマロニエの、よく見ないと気がつかないほどの小さな白い花はもう終わったのかどうか。

c0156404_141753.jpg

c0156404_1412910.jpg

Panasonic LUMIX GF1, 20mm/1.7




今年も、 グループ写真展 を ↓

More(「グループしゃとる」写真展 予告)
by kurakame | 2012-06-23 07:40 | Comments(10)

銀座、雨色夕景 - 雨傘、傘、傘

昨日が夏至、昼間の時間が一番長い日であるが、この雨の季節ではあまり実感が無い。

ほんの1分ほどだが、東京の日の入りの時刻は7月4日までが一番遅い。ただし今日から日の出はゆっくりと遅くなっていく。


(承前) 雨の夕刻、GF1の片手撮りは晴海通りとみゆき通りのあいだの小路をうろうろと雨傘の夕景色を追ってみる。
 
週日の雨の夕刻、人通りは相変わらず少ない。

c0156404_7532332.jpg

c0156404_7532987.jpg

c0156404_7535463.jpg

c0156404_812234.jpg

c0156404_754230.jpg

Panasonic LUMIX GF1, 20mm/1.7
by kurakame | 2012-06-22 07:58 | Comments(14)

銀座、雨色夕景 - 四丁目

どっぷりと梅雨の季節に入ったと思ったら、列島縦断の6月台風が大暴れして去っていった。

雨の季節、面白い絵が撮れそうなのだがなかなか腰が上がらない。


台風の前のある夕方、どちらかというと冷たい雨の中を1時間ばかり、傘を左手にGF1の片手撮りを試みてみた。

c0156404_14113432.jpg


和光さんのディスプレーが6月バージョンになった。「時計塔80年」というタイトルである。

c0156404_14413120.jpg

Panasonic LUMIX GF1, 20mm/1.7



今年も グループ写真展 を。↓

More(グループしゃとる写真展 予告)
by kurakame | 2012-06-21 07:40 | Comments(8)

西新宿モノクローム - 梅雨の始まり

新宿西口の甲州街道と青梅街道とのあいだの広大な浄水場の跡の再開発が始まって半世紀になる。

日本ではじめての超高層街区も、今やすっかり日常のものとなって、
あの浄水場の池や、ガスタンクの風景を思い出すこともおぼろげになった。


梅雨の季節に入って、まだ雨の落ちてこないどんよりとした曇り空の下、
新しい街区に植樹された木々も鬱蒼と深緑を繁らせて、ふと気が付くと、高層ビルの上のほうは低い雲の中。

c0156404_8223369.jpg

Leica M6, Carl Zeiss Distagon T* 4/18 ZM, ILFORD XP Super.

More(週日の昼下がり・・)
by kurakame | 2012-06-19 08:27 | M6 | Comments(10)

京都駅新幹線上りホーム


小さな旅の終わりは京都駅、新幹線上りホーム。

夕方のこのホームは大混雑が常である。なかでも春秋の観光シーズンや週末、
数分おきに発着する列車にもかかわらず、ホームに人が溢れそうになるようなこともある。

6月の週日、さすがに人は少なく、観光客よりも出張族らしき姿が目立ったりする。

c0156404_7401432.jpg

Leica M9, Elmar-M 50mm/2.8


早めの夕食でほろ酔い気分なのだが、バッグの中からカメラを取り出しての数ショット。
スローシャッター(1/8s)でカメラぶれ多し。

あとはいつもの車内販売で「山崎の水割りを」1杯、一眠りで新横浜だ。
by kurakame | 2012-06-17 07:43 | M9 | Comments(10)

斑鳩に遊ぶ - 法隆寺

この日の斑鳩の里歩きは大和郡山の慈光院からスタート、
法起寺、法輪寺と辿って、〆は法隆寺となった。

あまりにも静かな諸寺と田園風景から、突如
喧噪といっては語弊があるかもしれないが、観光客と修学旅行があふれる法隆寺の寺域に入る。


法隆寺、あえて言うまでもなく、飛鳥、白鳳の仏教美術の宝庫であるが、それゆえに、どの季節に
訪れても、この賑やかさから逃れることは不可能に近い。

c0156404_8114256.jpg

Leica M9, Elmar-m 50mm/2.8


今回は久しぶりに少しだけ時間をかけて、飛鳥の仏たちを拝観することとした。
まずは、金堂の釈迦三尊。団体さんの途切れる間を見計らっての鑑賞することになる。
それにしても、混雑の通過を待っている時間が苦にならないほど、釈迦三尊の前を通り過ぎる団体さんの速さには恐れ入る。

平成10年に完成したという大宝蔵院。ここには、法隆寺の誇る、いや世界の宝物に
心ゆくまで対面することが可能な場所である。


夢違観音玉虫厨子橘夫人厨子、と教科書で習ったお宝が目白押し。

百済観音にも久しぶりでお会いする。最初の出会いはたしか東博での展示であったか、
その後は法隆寺内の旧宝蔵で何度かの拝観。

今、大宝蔵院につながる百済観音堂にしずかに安置されている。


期間限定で御開帳される東院夢殿の秘仏救世観音と、お隣中宮寺の弥勒菩薩さまは今回はパスさせていただいた。

More(観光ツアー、修学旅行、課外授業)
by kurakame | 2012-06-15 08:34 | M9 | Comments(4)

斑鳩に遊ぶ - 法輪寺の塔と御仏たち

法起寺から畑のなかの道を500mあまり西に歩くとちょっとした森と民家に囲まれて、
もう一つの白鳳の三重塔が端正な姿を見せる法輪寺に到着する。

この寺も、その位置や創建の時代、寺伝などから飛鳥の法隆寺や聖徳太子と深く関わりのありそうなのは、
法起寺と同様であろうと考えられている。

c0156404_829939.jpg

Leica M9, ELmar-M 50mm/2.8

More(三重塔と御仏たち)
by kurakame | 2012-06-13 09:09 | M9 | Comments(8)