<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

彼岸の奈良から - 海龍王寺

私はそれからその廃寺の八重葎の茂った境内にはひって往って、みるかげもなく荒れ果てた小さな西金堂(これも天平の遺構だそうだ・・・)の中を、はづれかかった櫺子ごしにのぞいて、そこの天平好みの化粧天井裏を見上げたり、半ば剥落した白壁の上に描きちらされてある村の子供のらしい落書きを一つ一つ見たり、しまひには裏の扉口からそっと堂内に忍びこんで、磚のすき間から生えてゐる葎までも何か大事そうに踏まへて、こんどは反對に櫺子の中から明るい土のうのうへにくつきりと印せられてゐる松の木の影にみいつたりしながら、そう、-もうかれこれ小一時間ばかり、此処でかうやつて過ごしてゐる。女の來るのを待ちあぐねてゐる古の貴公子のやうにわれとわが身を描いたりしながら。(堀 辰雄 - 十月)


尼寺の優雅な風情の漂う法華寺の、同じ集落の裏側にひっそりと建つ海龍王寺。
これも光明皇后の創建だというが、唐から帰国した僧玄昉がここに住んだために開基と伝えられる。

玄昉は嵐に巻き込まれてかろうじて帰国したのだが、
このときに持ち帰った五千余巻の経典の中の海龍王経という経典を嵐の中で唱え続けて九死に一生を得たと。

この功績により僧正に任ぜられ、聖武天皇から海龍王寺の寺号と勅額(現存・重文)を与えられた。

堀辰雄でなくても、ボクらの学生時代のこの古寺は、似たりよったりの荒れ寺であったのだが、
どこかに天平の香りを漂わせて好きな寺であった。

この寺の受難は明治の廃仏毀釈であったらしく、以後の荒廃は上記の如くであったようだが、
ようやく昭和40年代に入って西金堂と経蔵の解体修理が行われ、以降境内の整備や修復が進められている。


綺麗になったとはいえ、そこここにかつての面影も残って、いまも法華寺と一緒に立ち寄ることが多い海龍王寺である。


荒れ寺であった頃のイメージを残す参道脇の土塀に夕日があたる。
c0156404_10342916.jpg


金堂正面。
c0156404_10353011.jpg


風雪の跡も、今では美しい金堂縁側。
c0156404_103955100.jpg


西金堂に安置されている天平の五小重塔(国宝)。化粧垂木の天井も美しい。
c0156404_10491436.jpg


境内の萩。(また、無理やりに。笑)
c0156404_10404937.jpg

Leica M9, Elmarit-M, 28mm/2.8
by kurakame | 2012-09-29 07:25 | M9 | Comments(8)

彼岸の奈良から - 法華寺

奈良市の西郊、平城左京一条の長閑な田園の集落に護られるように、法華寺は在る。

法華寺は光明皇后御願による日本総国分尼寺として創建されたとされる門跡寺院である。

平安期以降ここも荒廃の波に洗われたようだが、
本堂は慶長六年、豊臣秀頼が淀君とともに片桐且元を奉行として再建させたものと伝えられている。


すこしずつ早くなってきた日暮れ前に、法華寺を訪ねる。

近年、この近くに大規模な平城宮跡の復元が進行してきて、長閑な田園風景も徐々に変わりつつあった。

境内、堂内、わずかに数人という静かな中で、久しぶりにゆっくりと案内テープに聞き入る。

妖艶な微笑をたたえた本尊の十一面さまは通常時は御厨子の中であるが、
昭和40年にインドで制作された白檀の一木造りの「ご分身」すなわちレプリカを拝することが出来る。


境内のあちらこちらの植え込みのなかに、当然萩をみることはできたのだが、
ここでも強引に本堂の夕景を入れての一枚とした。

c0156404_81541.jpg

Leica M9, Elmarit-M, 28mm/2.8
by kurakame | 2012-09-28 08:05 | M9 | Comments(6)

彼岸の奈良から - ならまち徘徊

萩の寺といえば白豪寺、新薬師寺から東南方1kmあまりの、かつては田園の彼方の山裾にに小さな集落に囲まれていたが。
現在はこちらも新しい住宅が増えて、白豪寺への道も昔の面影は無い。

新薬師寺からは20分ほども歩けば行けるのだが、
帰りのコースを考えるとすべてが歩きになりそうなので今回はパスすることして、市内へ引き返す。


奈良の市内に来ると、いつも歩いてみたくなるならまちに戻ってきた。


ならまち(奈良町)は市内の中心部、元興寺の旧境内地に広がる町屋が軒を連ねるノスタルジックなエリアである。

江戸時代からの老舗もあれば、現代風の小さなオシャレな店までがこの町をさらに楽しく演出している。

町中にある庚申堂信仰に由来する魔除けの身代わり猿(申)が軒先に吊るされているのも、ならまちならではの風情であろうか。


まだ観光客も疎らな街を小一時間ほど歩き回ったスケッチを順不同で並べてみた。

c0156404_1341765.jpg

c0156404_13423544.jpg

c0156404_13412557.jpg

c0156404_13431175.jpg

c0156404_13434451.jpg

c0156404_1463339.jpg

c0156404_134411.jpg

Leica M9, Elmarit-M, 28mm/2.8
by kurakame | 2012-09-27 07:20 | M9 | Comments(6)

彼岸の奈良から - 新薬師寺へ

元興寺極楽坊を早々に切り上げて、陽が回らないうちにと、新薬師寺に向かう。

奈良市街の東南隅に位置する新薬師寺へは、市内循環バスの便があるのだが、
あいにく元興寺あたりからはうまく利用できないルートで、2km弱の住宅街をてくてくと歩く。


新薬師寺、光明皇后が聖武帝の病気平癒を念じて創建されたという古刹であるが、平安期にかなり荒廃する。
かろうじて残った天平の、入母屋平屋の堂が現在の金堂である。

金堂内の十二神将と彼らに護られた薬師如来は大和古寺巡礼の目玉のひとつであることはご承知の通り。


およそ二昔前に訪れた時にはちょうど金堂の大修理中で、仮囲いの足場の間から拝観した記憶があるが、
どうやら、それ以降の整備のせいか、境内はすっかり小綺麗になって、
「静かな佇まいの萩の寺」の萩は探すほどしか見当たらず、それもまだ咲きはじめ程度。


萩にこだわっての今回の新薬師寺、強引に萩をからめて撮ってみる。

c0156404_10333794.jpg

c0156404_1034684.jpg

c0156404_10343967.jpg

Leica M9, Elmarit-M, 28mm/2.8

More (高畑の土塀)
by kurakame | 2012-09-26 07:25 | M9 | Comments(4)

彼岸の奈良から - (続)元興寺極楽坊 

元興寺極楽坊は我が国最初期の本格仏教寺院であった法興寺(現飛鳥寺)が
平城遷都とともに移設されてきたもので、当時は猿沢の池をはさんで、北の興福寺、南の元興寺として並び立つ大伽藍であったという。

歴史の洗礼を浴びて現在の規模になってしまったが、
極楽坊(本堂)・禅室(僧坊)は鎌倉期の再建で、広大な伽藍の一部の遺構とされている。


本堂の屋根瓦の一部は飛鳥寺からのもので、画面右側本堂の屋根の左手あたりに見られる。

c0156404_17434384.jpg



収蔵庫の前まで広げられてきた石塔石仏群では彼岸花と萩のコラボが。

c0156404_17451442.jpg


浮図田(ふとでん)と呼ばれて整備されてきた石仏群から僧坊(左)・本堂を見る。

c0156404_17461854.jpg

Leica M9, Elmarit-M 28mm/2.8
by kurakame | 2012-09-25 07:33 | M9 | Comments(4)

彼岸の奈良から - 元興寺極楽坊の萩

昨年の夏、奈良市内の元興寺浮図田(がんごうじ・ふとでん)の石仏とキキョウを訪れた。
こちら と こちら

その時に、極楽坊(本堂)の正面や収蔵庫のまわりの萩の植え込みが印象深かったのを、突然思い出した。

残暑が長々と続いて、開花の時季を考えたりしているうちに、関西方面の天候は曇りがちの日が続くようになる。
ようやく、天候が回復して秋の空気が列島を覆い始めた日、彼岸の連休を避けて、萩の古寺をめざす。

まずは猿沢の池の南、「ならまち」の一画にたたずむ元興寺へ。

受付のおばちゃん曰く、「こないだの雨で満開の花は散ってしもうたが、まだまだ大丈夫。」


国宝極楽坊(本堂)正面の花はだいぶん散り始めているがなんとかまだ元気なあたりを狙ってみる。

c0156404_9433965.jpg



小学生の1クラスか、収蔵庫の課外授業から三々五々出てきたところを、極楽坊の全景とともに。

c0156404_9484247.jpg

c0156404_9504199.jpg

Leica M9, Elmarit-M 28mm/2.8    (元興寺は次回に続く)
by kurakame | 2012-09-24 07:21 | M9 | Comments(8)

バルナックライカで街歩き - バスターミナル

バルナックライカに超広角15mmを付けての、最寄駅。

グランドレベルのバスターミナルはペデストリアンデッキの下になって半地下のようになっているが、
残暑の納まらない昼間は格好の日陰になって、歩行や子供とのお遊びスペースともなる。

c0156404_15551537.jpg

Leica Ⅲa, Voigtlander SWH 15mm/4.5, ACROS 100
by kurakame | 2012-09-22 07:48 | Ⅲa | Comments(10)

小江戸川越 - 菓子屋横丁

川越の街中のもう一方の名所(?)、菓子屋横丁

せっかくの小江戸訪問なので、ちょっと立ち寄ってみた。

戦中戦後に子供時代を過ごした身には、お菓子は無縁の存在であった。いまだに、駄菓子とかの類は良く分からないでいる。(笑)


どうも数年前から比べても、お店の数はかなり減っている印象である。猛暑のせいか観光客はあまり無く、
課外授業というのか、近隣の中学生のグループが目立つのみ。

c0156404_7582387.jpg


PCで画像を拡大してみたら・・、「商品撮影禁止」(失礼)
c0156404_8183871.jpg


近頃の観光地ばりにこんな店造りも見られたが。
c0156404_801865.jpg

D700,Tamron 28mm-200mm/3.8-5.6
by kurakame | 2012-09-20 08:11 | Comments(12)

小江戸川越 - 駅前メインストリートで


残暑というよりは猛暑の先週の川越市

早々に蔵の町撮影を切り上げて本川越駅に戻る駅前メインストリート。

ここでもまた、空地、廃屋が何か所か目にとまる。


街は何気なく日常が繰り返されて、だれもあまり振り向かない。

c0156404_8184196.jpg

c0156404_819494.jpg

D700, PC-NIKKOR 28mm/3.5
by kurakame | 2012-09-19 08:21 | Comments(12)

炎天下の小江戸 - 蔵造りの町屋

秋の彼岸も近づこうかという先週、快晴無風の川越を訪ねる。

埼玉県川越市、江戸時代からの町屋が街の中心部の商店街を形成している蔵造りの町、
小江戸という名称でも親しまれている街である。


月例のグループ撮影行であったのだが、地元の方たちも、熊谷より暑いのでは・・、といわれていたほどの猛暑。

町の中心部のサワリを、休み休みの2時間弱、早々に撮影を切り上げて、ビールで反省会。(笑)

老齢には熱中症要注意の半日。

c0156404_16285186.jpg

c0156404_14171391.jpg

c0156404_14173163.jpg

D700, PC-NIKKOR 28mm/3.5
by kurakame | 2012-09-18 07:35 | Comments(14)