<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ワイドレンズの町田駅前 - 地上レベルのバス通り



町田のメインストリートのバス通りは、駅前の広い歩行者デッキで覆われてまるで半地下の雰囲気である。


この広い天井のあるバス通りは、ワイドレンズのモノクロームで撮ると面白い。

特に晴れた日などは、光と影のコントラストが強調されてダイナミックなイメージが一段と増す。


カメラの後ろ側はデパートの1階だが、駅直結のアプローチがあるので、こちらは閑散としている。

c0156404_1523440.jpg

c0156404_15232640.jpg


駅裏バスターミナルからデッキへの階段下は、Smoking Area。
c0156404_15234410.jpg


小田急、JR両駅とはちょっと離れた大型商業ビルへの横断歩道も、まだデッキの下。
c0156404_15241012.jpg

Leica M9, Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm/4.5
by kurakame | 2014-11-29 07:12 | M9 | Comments(10)

ワイドレンズの町田駅前 - 空中歩道



小田急町田駅とJR横浜線町田駅を結ぶ歩行者デッキ。

バス通りと新しく出来た広い都市計画道路がT字型に交差する地点に架けられているのだが、
交差点の角の大型ビルへのアプローチも兼ねているので、多角形の面的な平面になっている。


両駅で乗り換える人は、ここを斜めに歩いて行く人の方が多いようだが、なぜかボクはビルに沿った直角の通路を利用している。


休日の午前中とあって、まだ人出はちょっと少な目。

c0156404_1439063.jpg

c0156404_14393338.jpg

Leica M9, Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm/4.5
by kurakame | 2014-11-28 07:30 | M9 | Comments(6)

ワイドレンズの町田駅前 - 小田急町田駅




このところ、すっかり都心方面に出かけることも少なくなって、大抵は隣町の町田で用が済ませられる。

どうも駅前の立体交差の歩行者デッキとか、絵にするのが難しい気がするのだが、ここを何とかワイドレンズで切り取ってみよう。

ノーファインダーの腰溜めショトがほとんどだが。


小田急線の駅とJR横浜線の町田駅はちょっと離れていて、歩行者デッキなどの連絡通路を利用する。


休日のお昼前、小田急線からの客は大型商業ビルやJRの駅へ向かって一斉に早足だ。

c0156404_102778.jpg

c0156404_1027282.jpg

c0156404_1033167.jpg

Leica M9, Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm/4.5
by kurakame | 2014-11-27 07:18 | M9 | Comments(4)

銀座ウオッチング - マネキンもX'masモード




外堀通りのデパートP.もっぱらご婦人向きとかの評判で、開店当時にヤジウマ根性で覗いたのみだが。

マロニエ通りは良く通るで、この側もよく通る。


街中が少しずつクリスマス色に染まりだした休日。

このデパ^ートのイメージカラーかとも思えるピンク色に囲まれて脚長マネキンさんが、モアイ像よろしく並んでいるのを発見。


ウインドーの中でないのが何か新鮮な雰囲気だったので、後ろからのワンショット。

c0156404_1544093.jpg

NEX-6, Color Skopar 21mm/4
by kurakame | 2014-11-25 07:33 | Comments(6)

銀座ウオッチング - ミキモトクリスマスツリー、エスプリディオール展




毎年のことだが、師走を待たずにクリスマスのデスプレーがあちらこちらで始まる。



ミキモトの名物ツリーも中旬過ぎの日曜日に点灯された。

ビルの再開発のために、ツリーも今年で終わりだと報道されたせいもあってか、
白昼の点灯にも大勢の人が記念写真などを撮っているのに遭遇。

c0156404_10321299.jpg



ミキモトの並び、アップルストアの隣のビルの大型テナントの跡もずう~っと空室になっていたので気になっていたら、
先日からディオールの巨大なデスプレイが大きな壁面一杯に現れた。

良くみると、期間限定のエスプリディオール展。やはりこのビルも再開発だとか。

c0156404_10383831.jpg

NEX-6, Color Skopar 21mm/4
by kurakame | 2014-11-24 07:26 | Comments(4)

京都駅幻影




京都駅は竣工してもう17年になるようだが、何時来ても興味の尽きないビルだ。

国際指名コンペで選ばれた原広司さんの設計。


動線が複雑で分かり難いとの評もあるが、これがまた、無責任な旅人には迷路のようで楽しいところ。

古都の玄関口に超モダンなデザイン、インテリアもいたるところに不思議なフォルムの連発。


夕方の構内の光と形を、強引にモノクロームのフィルムで狙ってみたが。

c0156404_1010138.jpg

c0156404_1010325.jpg

LEICA M5, Sonnetar 50mm/1.1, ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2014-11-22 07:29 | M5 | Comments(12)

ならまち散策




晩秋の陽射しは午後の早い時間から一気に傾きはじめる。

大仏殿参道のベンチで鹿たちに見つめられながらフィルムをモノクロームに入れ替えて、レンズもワイドに交換した。


ふたたび博物館の前から興福寺境内を抜けて、ならまちへ向かう。

タイトルは散策だが、大急ぎでの小一時間、ならまちの中心部をショートカットのスナップ数葉。


たぶん2、3年ぶりのならまちだが、ずいぶんと新しい店や建物が増えた印象である。


出会うのやはり、ご婦人のグループや一人歩きが多い。

c0156404_1035459.jpg

c0156404_10351779.jpg

c0156404_10353154.jpg

c0156404_10354541.jpg

c0156404_10355955.jpg

LEICA M5, Color Skopar 21mm/4, ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2014-11-20 07:24 | M5 | Comments(6)

奈良公園晩秋 - 大仏殿参道




正倉院展での混雑の中で、いくらかの天平の香りを嗅いで、正倉院外構公開に表敬したあとは、
次の目的地へ向かって大仏殿参道を引き返す。


南大門の脇に新しく造られた東大寺ミュージアム

現代建築ではあるが、本瓦葺きの大きな屋根はどうやら境内の風景に上手く溶け込んできたようだ。


銀杏の黄葉と、晩秋の午後の斜光に光る瓦屋根。
c0156404_9191146.jpg




東大寺への参道はいろいろあるのだが、なんといっても南大門正面のここがメインの参道であることは論を待たないだろう。


観光客と土産物屋と鹿がごったがえしている風景が、何とも言えずに懐かしい。

戦後、小学校の修学旅行が日帰りの条件で解禁された初めての旅行が、ここ奈良であった記憶は今でも鮮明だ。


童心にに帰って、鹿さんのポートレート。(笑)
c0156404_9591522.jpg

LEICA M5, Sonnetar 50mm/1.1, RDPⅢ
by kurakame | 2014-11-18 07:10 | M5 | Comments(6)

奈良公園晩秋 - 正倉院展



戦後間もないころから始まった正倉院展は今年66回目を迎えた。

大混雑は昔から。ずう~っと敬遠してきたが、突然思い立って会期も終わりに近づいた奈良国立博物館へ。(11月12日で終了)


詳細に御物を観察するには専門家の解説付きのTV番組のほうがはるかにベターだが、
晩秋の奈良公園の混雑の中で天平のムードを味わうのも一興かと、ほぼ半世紀ぶりの正倉院展であった。


見学を終えて庭園側のテラスに出ると、入場者の列はさらに伸びている。
c0156404_13582648.jpg



折から、正倉院の建物も大がかりな改修工事を終えて、外構公開とかで入口の前から全景を見ることができる。

博物館で、正倉院への道を尋ねている人もかなりいた。


正面はこちらも人でいっぱい(見る場所が狭い)なので、画像は屋根の一部分である。
c0156404_9413896.jpg




大仏殿西側の空き地から大仏池にかけての銀杏は、黄葉のピークを迎えている。

長い白壁の塀の右端は宮内庁正倉院事務所の屋根。
c0156404_945481.jpg

LEICA M5, Sonnetar 50mm/1.1, RDPⅢ
by kurakame | 2014-11-16 07:30 | M5 | Comments(4)

銀座ウオッチング - SWAROVSKI




もうすっかり八丁目の街並みに溶け込んだSWAROVSKIの銀座店。

オーストリア生まれのクリスタルガラス、宝飾品などで歴史のある世界的企業の日本での本拠店。


光学好きには関連会社の双眼鏡も憧れのスワロフスキーでもある。


きらきらと光るファサードは、まさかスワロフスキークリスタルではあるまいが、鏡面仕上げの金属とその形はいかにもそれらしく見える。

c0156404_9404031.jpg

Leica M9, Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm/4.5
by kurakame | 2014-11-14 07:30 | M9 | Comments(8)