<   2015年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

モノクロームの隣村散歩 - 急行通過駅




旧住宅公団団地の開発とともに生まれた団地駅。

お隣の大型再開発で、街ごと出来た新しい急行停車駅ですっかりローカルな駅の風情になってしまったようだ。


集合住宅のカタチは変わっても人口は減少していないはずなのだが、
通勤時はいざ知らず、昼時は停車電車は10分に1本ぐらいか。

c0156404_931958.jpg



ゆっくりと、次の電車を待っているうちに、レトロな特急ロマンスカーがスピードをいくらか落として通過して行った。

c0156404_9281384.jpg

Leica M6, Elmar-M 50mm/2.8, ILFORD XP2
by kurakame | 2015-03-29 07:21 | M6 | Comments(0)

モノクロームの隣村散歩 - 擁 壁




相変わらず古いライカにモノクロームのフィルムを詰めての隣村歩き。

昭和30年代に丘陵を切り拓いて造られた旧住宅公団のカマボコ型団地も、ここ数年のうちにすっかり新しく建て替えられて、
10階建て程度の現代風集合住宅群に生まれ変わった。


駅からのバス道路に面したコンクリートの擁壁もいつの間にか新しくなって、
コクリートの打ち放しではあるが、凹凸のパターンが新鮮な印象となっていた。

c0156404_919180.jpg

Leica M6, Elmar-M 50mm/2.8, ILFORD XP2 Super
by kurakame | 2015-03-27 07:10 | M6 | Comments(0)

バルナックライカでポジカラー - Super Wide-Heliar




長々と引っ張ってしまった龍尾神社梅園だが、
フィルム1本36枚の中から、最後にスーパーワイドの1枚を。


コシナさんのVoigtlanderブランドレンズ。Super Wide-Heliar初期の製品はライカL(スクリューマウント)だ。

高性能レンズで評判だが、アダプターを介してライカやソニーのフルサイズデジカメに装着すると超広角特有の色被りを生ずることがある。


スナップでは平気で使ってきたが、風景ではやはり気になるので、ここではフィルムでの試写を試みている。


画角110°ともなると、晴天の青空では太陽に近いあたりと、反対側ではこれだけの明るさの差があでることが良く分かる。

c0156404_9594332.jpg

Leica Ⅲa, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, RDPⅢ
by kurakame | 2015-03-24 07:05 | Ⅲa | Comments(0)

バルナックライカでポジカラー - しだれ白梅@龍尾神社梅園



あっという間に彼岸を迎えて桜の便りも列島を駆け廻る頃になったが、
ポジフィルムの龍尾神社梅園からもう少し、今回は白梅を。


園路からの標準レンズのみの撮影なので、まあ似たような画像ばかりではあるが、
老骨ライカの中速シャッターはまずまず機能していることが判明した。

c0156404_8531059.jpg

c0156404_8534069.jpg

Leica Ⅲa, Summicron(L) 50mm/2, RDPⅢ
by kurakame | 2015-03-22 07:35 | Ⅲa | Comments(0)

バルナックライカでポジカラー - しだれ紅梅@龍尾神社梅園




掛川市龍尾神社梅園のしだれ梅撮影行、メインの機材はもちろんデジタルであったが。(3月5日)

朝からの快晴に、ふとアソビゴコロが持ち上がって、古いライカポジカラーを詰めて一緒に持参した。


80年近く昔に製造されたライカⅢa型、完全に稼働してはいるが、シャッター速度の正確性はかなり怪しくなっているに違いない。

通常はラチチュードの広いネガフィルムで活躍中だが、さて、ポジカラーでは。


レンズは’53年製 ズミクロン50mm/2、これも戦後のライカを代表する標準レンズであった。
なお、露出計はGOSSEN の Digisix を使用。

c0156404_21354056.jpg

c0156404_2136436.jpg

Leica Ⅲa, Summicron(L) 50mm/2, RDPⅢ

More (Leica Ⅲa)
by kurakame | 2015-03-20 07:25 | Ⅲa | Comments(0)

雨の夕、私鉄駅前ターミナル




弥生3月も半ばを過ぎてて、「一雨毎の暖かさ」の季節だが、
まだまだ一雨ごとの寒の戻りかとも思えた日。


そんな雨上がりの夕刻前の私鉄駅前バスタクシーターミナルの一画。
クルマの迎えを待つ母娘であろうか。

c0156404_14175759.jpg

Leica M9, Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2015-03-18 07:09 | M9 | Comments(0)

枝垂れ梅 - @龍尾神社梅園





快晴の遠州路、掛川市の龍尾神社梅園に600本とか言われる紅白の枝垂れ梅を見る。

梅というモチフは、何となく伝統の日本画を思い起こしてしまったりするのだが。


独特の古木のフォルムと、長玉による平面性や画角の狭さがいくらか日本画風になったかどうか。


ライカのオールドレンズとミラーレスカメラのコラボからの1枚である。(3月5日撮影)

c0156404_14362363.jpg

Sony NEX-6, Tele-Elmarit 90mm/2.8



勝手ながら、しばらくの間コメント欄を閉じさせていただきます。
by kurakame | 2015-03-16 07:28 | Comments(0)

春宵モザイクストリート雨景 - 猫ちゃんドット(?!)




ブレ、ボケ写真が続いたので、カメラの名誉のために(笑)。


明るくライテングされた小さなブティックに何気にシャッターを切っていた。どこか新鮮な印象だったのかもしれない。


現像してみると、壁紙も展示品も店員さんも同じドット柄

さらに100%拡大してみると、とうやらドットは猫ちゃんのように見える。


同じISO800、F2なのだが、明るいのでシャッタースピードは1/500sであった。これならブレる訳はない。
c0156404_10404967.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-03-13 07:33 | GM5 | Comments(6)

春宵モザイクストリート雨景 - 被写体振れ




前回に続いてのブレ画像。

ほぼ同じ露出条件だが、まあちょっと気をつけてシャッターを押せば1/50では止まらなければいけないのだ。


手前を横切る人物は当然前ボケ、被写体ブレ。これはこれで狙った絵になる。

c0156404_945353.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-03-11 07:40 | GM5 | Comments(4)

春宵モザイクストリート雨景 - カメラ振れ




春の足音が急ぎ足で近づくにつれ、雨の日も週に1、2回はやってくる。

所用の帰途、宵の西新宿モザイクストリート


新兵器の小さくて軽く高感度特性も良好というGM5に明るい単焦点レンズを付けて、お気軽スナップ。

現像してみて驚いた。盛大な手振れ画像がいくつもあるのである。


手振れ補正機能の無いカメラで、ノーファインダーなどを撮って来たので、
つい新兵器の機能に気を許したのと、カメラのあまりの小ささと軽さのせいに違いない。


因みにデータをみると、ISO800,F2 1/50s 。
c0156404_9291885.jpg

c0156404_929348.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G 20mm/1.7 ASPH.
by kurakame | 2015-03-09 07:16 | GM5 | Comments(6)