<   2016年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

銀座ウオッチング - 並木通り




しばらく振りの銀座徘徊は相変わらず同じようなところ。

今回も、これまた同じようなガラスのコーナーを、カメラを替え、レンズを変えて。


違ってきて新鮮なのは、偶然に出会うことになる歩行者さんたちであろうか。

c0156404_942262.jpg

c0156404_949060.jpg

Leica M (Typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.
by kurakame | 2016-02-28 07:37 | M(Typ262) | Comments(6)

ダイヤモンド富士@山中湖





月例グループ撮影行、今月の目玉は山中湖のダイヤモンド富士であった。

過去、グループでの山中湖ダイヤは2回トライしていて、今年が3回目。天候は2勝1敗と好成績である。


こちらでは富士が近くて高く、太陽はまだまだカンカン照りのまま山頂に隠れるので、露出の設定が難しい。


今回はワイドレンズで湖上の富士を狙ってみた。 (2月18日)

c0156404_1112177.jpg

Leica T, Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6

More  (ダイヤモンドのあとさき)
by kurakame | 2016-02-26 07:25 | T (Typ701) TL2 | Comments(8)

忍野八海





忍野村は富士と忍野八海である。

忍野八海、澄み切った富士の伏流水が小さな八か所の池を造っている観光名所。


観光名所と云えば、昨今はお隣の大国からのツアー客。富士山とセットでの大賑わいを通り越しての大混雑。

かつての鄙びた風情はどこへやら、今や、写真を撮るのもまままならぬ。


そんな次第で、カメラは上を見て下を見るのみ。

c0156404_10242545.jpg

c0156404_10244211.jpg

c0156404_10245946.jpg

Leica T, NOKTON classic 35mm/1.4
by kurakame | 2016-02-24 07:17 | T (Typ701) TL2 | Comments(0)

忍野富士




山梨県忍野(おしの)村。

この季節の富士山は、例年すっかりと白雪に覆われているはずだが、
今年は暖冬のせいか、積雪は5合目までも達していない。


山頂まで、ここから10数kmほど、
昼すぎの半逆光で条件はあまり良くは無いが、標準レンズの写野の富士山の表情である。

c0156404_212165.jpg

Leica T, NOKTON Classic 35mm/1.4 (sc)

More (200mm相当の望遠レンズでは)
by kurakame | 2016-02-22 07:00 | T (Typ701) TL2 | Comments(2)

青山表参道 - 雑踏




ぽかぽか陽気の休日の午後の早い時刻。

表参道の交差点から原宿に向かう歩道は、原宿駅に近づくにつれ大混雑。


明治通りの交差点を渡る人の群れの陰のなかに一条の陽射しが極彩色のバッグにかかる。

一瞬、目測置きピンのカメラのシャターがブラインドで切られた。

c0156404_13302863.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-02-20 07:23 | M(Typ262) | Comments(2)

青山表参道 - CHANEL




超メジャーなブティックの店舗も立地条件やビルの形態などによって千差万別であるようだ。

中味の商品は同じであることが多いのは想像に難くないが。
なにしろ、ブティックの商品に関してはまったく不詳であるのだから、推定ではあるが。


表参道のCHANEL、これはその店舗を撮ったのではなく、ただの街撮り、
画面にCHANELの文字が出てくることから、このタイトルとなった。

c0156404_9142943.jpg

c0156404_914508.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-02-19 07:05 | M(Typ262) | Comments(2)

青山表参道 - チャリ & メルセデス





表参道や銀座の並木通りなどの路上パーキングでは、珍しいクルマや高級車などに良く出会うことがある。


メルセデスの四駆をみると、現代の洗練された車であっても、かのナチスドイツを連想したりするのは困ったものだ。


ピントがどこにあるのか分からないような絵をアップした(前掲)ので、
レンズの面子にかけて(?)クルマにピントを合わせていたら、突然、チャリが通り過ぎた。


この表参道シリーズでは全て、SONNETAR 50mm/1.1を f=2.0に絞って撮影している。

c0156404_10531684.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-02-17 07:33 | M(Typ262) | Comments(4)

青山表参道 - Reflection & See Through




いつの間にか、表参道に大きなガラス張りのショップがオープンしていた。

若者たちのたむろ振りからも一見してAPPLE STOREであることが判明した。


アップルストア表参道。


横道に入ると、ガラスのコーナーを通して表参道の街並みと多くの通行人の光と影が午後の陽射しを通して、
複雑に透過したり反射したりしているのにカメラが気付いた。

透過と反射、それに極薄のピントが加担して訳のわからないような1カット。

c0156404_10322244.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-02-16 07:18 | M(Typ262) | Comments(2)

青山表参道 - St.Valentine's Day





休日の午後の表参道はまともに歩くことが困難に思えるほど賑っていた。

どちらかというと、オシャレでシックなウインドウディスプレイが多いなかで、
ちょっと浮き上がったかのようなデザインの赤い色。

良く見ると、ハートマークである。なるほど、「あの日」の直前であった。


バレンタインデイ、日本語で書くともはや商業主義主導による「あの風習」そのものに思えてくる。

c0156404_921753.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-02-14 07:10 | M(Typ262) | Comments(10)

青山表参道 - 建国記念の日





2月11日は国民の祝日「建国記念の日」であった。

おりからのぽかぽか陽気で午後の表参道は、春節関連の観光客も大勢で歩道を歩くのもままならぬところまで。


一方、表通りの両側には大型の警察車両がびっしりと停車中。お巡りさんも多数。

何だろうと考えたが、どうやら明治神宮のどこかで建国記念日を祝う集会でもあるのかな。
こちらでは祝う会に違いない。まちがっても反対の会はここではやらないだろう。


でも、どうして紀元前の神話の天皇の即位したとされる日が、現代の「国民の祝日」なのだろうかと、素朴な疑問。

c0156404_1203668.jpg

c0156404_1205516.jpg

Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1
by kurakame | 2016-02-12 12:10 | M(Typ262) | Comments(6)