<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

銀座ウオッチング - GINZA PLACE





銀座四丁目交差点の新しいランドマークとなりつつあるGINZA PLACE。

NISSANのショールームと地下のライオンでボクには印象的であったサッポロさんのビル。


すっかり、無国籍風の外観で姿を現したが、

NISSANが、ほぼ以前の表情で再オープンしたので、ホッとしたところ。

ライオンさんは、大きくイメージは変わったようだが。

c0156404_09465004.jpg


c0156404_09462851.jpg

Leica T, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


by kurakame | 2017-02-26 07:40 | T (Typ701) | Comments(12)

銀座ウオッチング - GINZA SIX





銀座6丁目、松坂屋跡地を含む大規模再開発の大型商業施設はGINZA SIXというらしい。

完成すれば、銀座最大の複合商業施設になる。


あっという間に完成が近づいて、間もなくオープンを迎える。


驚いたことに、このビルを貫通する「あずま通り」はすでに開通していた。

c0156404_13501252.jpg
c0156404_13495266.jpg

c0156404_14044514.jpg


Leica T, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


by kurakame | 2017-02-24 07:40 | T (Typ701) | Comments(8)

有明の月





目に見えて夜明けも早くなってきた。

6時前に空は紺色から青色に近づいてくる。


窓を開けたら、月齢25の有明の月が電柱に(!)架かっているのに気が付いた。


大急ぎで、デスクの隅に転がっていた T に90mmをつけてのショット。

c0156404_09414396.jpg


Leica T, Tele-Elmerit 90mm/2.8


by kurakame | 2017-02-22 09:50 | T (Typ701) | Comments(6)

銀座ウオッチング - 数寄屋橋交差点




TOKYU PLAZA銀座のビルは外堀通りに沿ってみゆき通りから晴海通りまでのワンブロックを占めている。

前掲のコーナーはみゆき通りである。


このビルが完成して、数寄屋橋交差点の風景は一変した。


数寄屋橋交差点側のメインのアプローチ、ガラスに囲まれたエスカレーターがいかにも現代風だ。

c0156404_13562357.jpg

c0156404_13570111.jpg


Leica T, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


by kurakame | 2017-02-21 07:19 | T (Typ701) | Comments(4)

銀座ウオッチング - 新旧のSee Through






銀座の目抜き通りの大型ビル再開発も、昨年から少しずつ新しい姿を現してきた。

いずれも最新デザインの外観を纏っているが、どうも銀座のローカルティは希薄になりつつあるように思える。


しかし、ガラス越しの街風景、ボクのSee Throughシリーズも新しい場所が増えそうで楽しみだ。


外濠通りのTOKYU PLAZA銀座。

カメラの点検を終えて出たライカ銀座店の目の前で、新しいSee Throughに遭遇。オープンすぐの時間であった。

c0156404_10105744.jpg


ところが、ふと見ると長年楽しませてくれた向かいの角のブティックは移転とかで空室になっていた。

c0156404_10112475.jpg


Leica T, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


by kurakame | 2017-02-19 07:08 | T (Typ701) | Comments(6)

隣村散歩 - 早春の丘の街




何時もの旧住宅公団団地。


丘陵を切り拓いて、尾根の一等地に造られた団地は、すっかり最新型の中高層共同住宅に建て替わったが。

当初からの尾根の公園などはそのまま整備されて残っているものも多い。


未だ新芽には間がある季節の公園のケヤキ越しに、谷の向こう側の尾根に広がった民間の戸建て住宅群。

c0156404_21203238.jpg


Leica M (Typ262), Sonnetar 50mm/1.1


by kurakame | 2017-02-17 07:12 | M(Typ262) | Comments(0)

春まだ浅い王禅寺ふるさと公園 - サクラ咲く






隣村、川崎市制60周年記念王禅寺ふるさと公園

多摩丘陵の一画、武蔵の古刹王禅寺に近接して、30年前に開設された10万㎡の自然公園である。


中央の広大な芝生広場の周辺遊歩道に植樹された早咲きの玉縄桜が開花を始めた。

玉縄桜。神奈川県立フラワーセンター大船植物園で、早や咲きのソメイヨシノから育成されて、
1990年に品種登録された神奈川ローカルの桜である。

概ね2月中旬に開花し、3月上旬から中旬にかけて満開となる。


大船の本家をはじめ、鎌倉の鶴岡八幡宮の参道などで見られるが、
ここ王禅寺ふるさと公園でも日当たりの良いあたりの数株が2分咲きから3分咲きになった。(2月12日)

c0156404_21225384.jpg


c0156404_21234569.jpg


c0156404_21232512.jpg

Panasonic LUMIX GX7 MK2, OLYMPUS 30mm/3.5 MACRO


by kurakame | 2017-02-15 07:09 | GX7MK2 | Comments(4)

春まだ浅い王禅寺ふるさと公園 - 梅の若木





広い芝生広場の周回道路脇の植栽の中の、紅梅、白梅。

もう20年以上は経つのであろうが、梅の木は古木の貫録には太刀打ちできそうもない。


で、まだまだ若木の風情である。

紅梅はすでに色褪せて、白梅が満開に近くなってきた。


ウルトラワイドで木の下に潜り込むような姿勢で撮ってみたが、花は目立たないか。

c0156404_15465991.jpg



c0156404_15435403.jpg


LEICA M5, Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6, KODAK PORTRA 160


by kurakame | 2017-02-13 07:37 | M5 | Comments(4)

春まだ浅い王禅寺ふるさと公園 - 芝生広場




立春が過ぎても、気温はまだまだ低いが陽の光はすこしずつ高くなってくる。

そんなある日、隣村散歩にフィルムカメラにウルトラワイドレンズで王禅寺ふるさと公園を訪れてみた。


神奈川の早咲き桜である玉縄桜の状況も気になっていた。

例年3月の初めに満開となるが、この日、はやばやと日当たりの良い数株が2分咲きぐらいになっていたが、
ウルトラワイドでは上手く撮れずに、これはいずれ出直そう。


広大な芝生広場のゆるやかな傾斜の上の葉を落したケヤキの長い影が印象的。

c0156404_09525644.jpg



学校帰りであろうか、子供たちが元気に遊んでいる広場。

c0156404_09533219.jpg


LEICA M5, Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6, KODAK PORTRA 160


by kurakame | 2017-02-12 07:03 | M5 | Comments(6)

銀座ウオッチング - 並木通りのSee Through





その昔、「空気まで写る」とまで言われたレンズがあった。

ご存知、Leica の Summicron 50mm/2 が登場した時である。


このブログで時折現れる See THrough シリーズは、この伝でいえばガラスも写る。

ショーウインドウなどのガラスのコーナーを通しての街景色を撮ろうとしているのだが。


建物の角は通常は柱や壁があるので、ガラスのコーナーはかなり限られた場所だけである。

いきおい、同じような構図になりがちだが、街の表情は何時も違って見える。

c0156404_10003818.jpg

c0156404_10005283.jpg


Leica T, Summicron-T 2/23 ASPH.



by kurakame | 2017-02-09 07:08 | T (Typ701) | Comments(4)