<   2017年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

モノクロームでニコタマ - LOUIS VUITTON





ニコタマの半世紀にわたるショッピグの中心は、いうまでもなく二子玉川高島屋SCであろう。

最近は、駅の南側にも大型の複合商業ビジネス施設のライズもお目見えしたが。



デパートの1階というのは、とくに近頃、著名ブランドのブッティックなどが多くの床面積を占めるケースが多いようだ。

こちらも、まあ、1階のほとんどはブティックだ。


正面の大通りの歩道からさらに植栽ゾーンを隔てた歩行者通路に面した大きなスペースは、
通常なら華やかなディスプレイが展開する筈だが、ここでは大きなロゴの店名のみ。

もう、商品を外から見せびらかさなくてもいいのだろう。

c0156404_08293427.jpg
c0156404_08295160.jpg

Panasonic LUMIX GM5, NOKTON classic 35mm/1.4


by kurakame | 2017-07-29 07:18 | GM5 | Comments(4)

モノクロームでニコタマ - NOKTON classic 35mm/1.4






VoigtlanderブランドのNOKTON clasic 35mm/1.4。

メーカーのCOSINAさんによると、
「クラシックレンズの味わいを最新の光学技術で磨き上げ、現代に甦らせた」とある。

何よりも小さくて軽いので、街歩きにも持ち出しやすい。


今回は、これも小っちゃなPanasonicさんの LUMIX GM5に装着してのニコタマぶらり。


M4/3のG5に取り付けると、35mmフルサイズ換算70mmの画角の中望遠となる。

中望遠、大口径F 1.4の効果がまた新鮮だ。

c0156404_13080623.jpg

Panasonic LUMIX GM5, NOKTON classic 35mm/1.4






by kurakame | 2017-07-27 07:04 | GM5 | Comments(2)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで (完) - 鶏 鉾






烏丸御池に着いたのは11時過ぎ。御池通り辺りで山鉾見物の有料桟敷の観光客などを見ながら新町通りへ。

御池新町の辻回し周辺はとくに混雑警備もものものしい。


新町通りも御池際のワンブロックは通行止め。止む無く迂回して、新町通りの撮影ポイント探し。


待つこと30分余り、ようやく最初の長刀鉾が辻回しを始めたのが正午前。

もたもたしている鉾も目立つが、先ずは順調に新道通りを帰還の巡行が始まる。



長刀鉾から丁度1時間、菊水鉾が通過するのを機に、4山2鉾を残して撮影は中止、早々と涼しい場所へランチ。


鶏鉾。奇妙な名前もやはり中国故事。


鶏鉾の赤い陣笠と法被の文字が何となくお気に入りである。

c0156404_10184337.jpg
c0156404_10190616.jpg
c0156404_10192551.jpg

Panasonic LUMIX GM5, G VARIO 1:3.5-5.6/12-32 ASPH.



祇園祭山鉾巡行はここまでで打ち止め。
同じような絵に長々とお付き合い感謝。


by kurakame | 2017-07-25 07:03 | D600 | Comments(2)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで - 綾傘鉾






綾傘鉾。四条傘鉾と並んで、もっとも古い形態を残す山鉾である。

数回の災禍に焼失、再興をくりかえし、戦後、地元の熱意により復活したという。


古い形の棒振りは赤熊の面を被り、鉦、太鼓、笛など従えの巡行が人気だ。

c0156404_09484981.jpg
c0156404_09491938.jpg
c0156404_09493926.jpg
c0156404_09500589.jpg

NIKON D600, PC-NIKKOR 28mm/3.5



by kurakame | 2017-07-24 07:35 | D600 | Comments(2)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで - 月 鉾






続いての登場は月鉾であった。鉾頭に月型の飾りを持つ。

真木の中ほどには月読尊が祀られている。そういえば、わが町の鎮守は月読神社であったな。



屋根裏の草花は応挙の筆になるとか。歴史は長い。

c0156404_10271060.jpg
c0156404_10273608.jpg
c0156404_10275784.jpg
c0156404_10282384.jpg

NIKON D600, PC-NIKKOR 28mm/3.5





by kurakame | 2017-07-23 07:19 | D600 | Comments(4)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで - 四条傘鉾






織物の垂れを付けた大きな傘と、棒振り囃子が巡行する古い形態の山鉾。

応仁の乱以前に起源があるとも。



何度かの災害に遭うが復活。綾傘鉾とともに、鉾が無いが鉾の名前が残る。


子供たちのお囃子も可愛い。

c0156404_10043589.jpg
c0156404_10050047.jpg
c0156404_10151782.jpg
c0156404_10052534.jpg
c0156404_10060817.jpg

NIKON D600, PC-NIKKOR 28mm/3.5



by kurakame | 2017-07-22 07:05 | D600 | Comments(2)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで - 函谷鉾







鉾で長刀鉾に次いでやってくるのは何時も函谷鉾。なぜか巡行の順番は「くじ取らず」の5番目。

因みに、巡行の順番は毎年「くじびき」で決められるが、先頭の長刀鉾、5番目の函谷鉾、それにしんがりの船鉾は「くじ取らず」でいつも決まり。



函谷鉾。名前の由来はやはり中国の故事。

孟嘗君が鶏の声に助けられて函谷関を脱出出来た、云々。

c0156404_10094776.jpg
c0156404_10101407.jpg
c0156404_10103580.jpg

NIKON D600, PC-NIKKOR 28mm/3.5


by kurakame | 2017-07-21 07:01 | D600 | Comments(2)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで - 伯牙山





山鉾巡行では、どうしても大型の鉾に目を惹かれ勝ちだが。

それぞれの山鉾町の歴史の山たちも、なかなかに見のがし難い。



伯牙山。こちらも中国古来の伝説に由来する琴の名人伯牙の物語からの名前である。

物語の様子は山の上部に人形や模型で飾られているのだが、
山の周囲の懸け物もそれぞれに見るべきものが多い。


伯牙山の両脇の懸け物は花弁長尾鳥文様の綴錦であるという。

c0156404_20245868.jpg
c0156404_20251694.jpg

NIKON D600, PC-NIKKOR 28mm/3.5


by kurakame | 2017-07-20 07:11 | D600 | Comments(2)

祇園祭山鉾巡行2017(前祭)を新町通りで - 長刀鉾






ピーカンではなかったが、薄日が射して微風もあり、まずは絶好の山鉾日和であった。


四条通り、河原町から御池通りと、都大路を巡行した山鉾は御池新町で解散となる。

大部分の山鉾たちは、狭い新町通りをそれぞれの山鉾町へ帰還する。



今回は短い時間、新町通りでの山鉾を接近戦で撮ってみようと、D600に古いPC NIKKORを担ぎ出してみた。

これだけで、ボクの現在のカメラ荷重は限界なので、サブはちっちゃなGM5である。



先頭は、「くじ取らず」の長刀鉾。長刀鉾のみの生の稚児さんを御池新町で降ろして、ここからはいくらかは気軽な帰還巡行である。

さすがに皆さん、お疲れの気配も。

c0156404_19494634.jpg
c0156404_19532277.jpg
c0156404_19502720.jpg

NIKON D600. PC-NIKKOR 28mm/3.5



by kurakame | 2017-07-19 07:37 | D600 | Comments(6)

フィルム1本で駅前商店街 - ドンキ






何時もは通らない、ちょっと先へ足を進めたらこの店があった。


名前はよく聞いているが、利用したことは無い店の一つ。こんなに自転車も売っているのか、ビックリ。

c0156404_09483704.jpg


c0156404_09485255.jpg

Leica Ⅰf, Summaron 35mm/3.5, ACROS 100


by kurakame | 2017-07-17 07:14 | Ⅰ f | Comments(4)