<   2017年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (3)Tourists





猛暑日になったお昼過ぎの街。


遅い夏休みのせいか、ランチのサラーマンたちの数も少なく、
街行く人で目につくのは大きなリュックなどを背負った外国からの観光客。


限られた滞在日数や時間とあれば、猛暑だろうが雨だろうが出歩くしか無い。


住友ビルは何やら大規模増築工事中のようだ。

c0156404_13584456.jpg

c0156404_14102645.jpg

Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6




by kurakame | 2017-08-30 07:02 | M(Typ262) | Comments(6)

見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (2) 交差点 LOVE





アイランドタワーのところの交差点は、大きな円形の交通標識(?)と野外彫刻LOVEだ。



この野外彫刻LOVEは Robert Indianaのデザインにより、世界中の街中や美術館に、多くのバージョンとして存在する。

もともとはグラフィックのデザインであったらしい。



因みに、この交差点は「新宿警察署裏」という名前のようだ。

c0156404_10241397.jpg



近寄ってみると、いつも大勢のカメラが群がっている。今日は猛暑のせいか、少な目。

c0156404_10243138.jpg

Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6


by kurakame | 2017-08-29 07:16 | M(Typ262) | Comments(8)

8月28日、旧暦七夕 - 街中の七夕の星たち






8月28日。旧暦の七月七日、旧暦の七夕(伝統的七夕)である。

旧暦は大雑把にいえば新暦から一月遅れぐらいだが、今年は閏月が入ったのでかなり遅くなった。


七夕の星、織女星(こと座α星、ヴェガ)と牽牛星(わし座α星、アルタイル)が天の川を挟んで輝いて見える。

新暦の7月7日は梅雨の最中で晴れる日はかなり少ないことと、
夕方日が暮れても特に牽牛星はまだまだ東の地平線に低くて見え方はイマイチだ。


旧暦になると、日暮れ早々でも、かなり空高く昇ってきているので見やすくなる。

といっても、都会の明るい空では、1等星の織女も牽牛も、位置を良く知っていないとなかなか見つけ難いのが現実。


漸く青空がもどってきた夕刻の七夕の星たち。

郊外のわが家からは、肉眼では牽牛を見付けるのが精一杯。かなり明るい織女は空高くてすぐにそれと分かるのだが。

20mmワイドレンズのカメラを真東方向仰角60度ぐらいにセットする。


8月も終わりの頃、織女星ヴェガはほとんど天頂(真上)の位置にある。

比較明合成法でみると、かなりの星が写っている。4等星ぐらいまでか。


画面中央上の方、やや左よりの一番明るいのが織女星。中央右端やや上の3個の真ん中が牽牛星。

天の川が間にあるのだが、さすがに街中では無理。
その代りに白鳥座の星たちが綺麗な十字を見せてくれている。画面中央部やや上から左手。

c0156404_12503729.jpg


NIKON D600, Ai NIKKOR 20mm/2.8. ISO400, f=5.6  8sec×150コマ
2017.08.24. 20:01-20:21 (比較明合成Kikuchi Magick)





by kurakame | 2017-08-28 07:07 | D600 | Comments(4)

見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (1) 中央通りのケヤキ





コシナさんの Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6。

これだけのワイドになると、出番はなかなかに少なくなって、つい、棚の奥のほうにいってしまう。


残暑のぶり返して猛暑日になったとかの昼さがり、所用の途次での新宿西口風景。ウルトラワイド、手探りの3景。


先ずは、地下道を抜けたあたりの中央通。

大きな並木のケヤキも小さく見えて見慣れた景色も不思議な絵になった。

c0156404_17564845.jpg
Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6




by kurakame | 2017-08-27 07:03 | M(Typ262) | Comments(6)

東急田園都市線鷺沼駅前 - 街並2景





一面の畑の中に駅が誕生した風景を良く覚えている。

新しい郊外住宅地が少しずつ生まれ始めて、当時、住宅などの設計にかかわり合ったりしてよくこの辺りも訪れていた。


半世紀以上が過ぎて、駅前の並木もすっかりと成長して落ち着いた街並みとなっている。

c0156404_09534959.jpg
c0156404_09540261.jpg


駅すぐ近くの路地もまた、嬉しい成熟ぶりを見せてくれている。

c0156404_09541916.jpg

Leica TL2, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


by kurakame | 2017-08-25 07:17 | T (Typ701) TL2 | Comments(4)

東急田園都市線鷺沼駅前 - 街造り半世紀





東急田園都市線。玉電からの玉川線が、溝の口から西に向かって伸びたのは戦後。

神奈川県の田園地帯を、電鉄会社主導で、先ず鉄道ありきからの壮大な都市計画が始まった。


以来、半世紀余り、あの畑ばっかりだった地は見事な住宅都市となった。


鷺沼駅、溝の口から最初の急行停車駅。

大型商業施設こそ少ないが、都心に近い住宅地として順調に発展し、成熟してきた。


猛暑復活、と云うよりは、漸くの夏日がやってきて朝からの青空は何日ぶりだろうか。

その前日の、まだ曇り空の鷺沼駅前のお昼だいぶん前である。


駅前すぐの並木のメインストリート。ラッシュアワーが過ぎて、静かな街。

c0156404_09383883.jpg
c0156404_09385248.jpg

シャッター街に非ず、開店前だ。

c0156404_09391798.jpg

Leica TL2, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


by kurakame | 2017-08-24 07:18 | T (Typ701) TL2 | Comments(6)

実りの秋近し






曇り空ときどき雨、所により豪雨、落雷。こんな日がつづく当地の8月。

ちょっと、雲が薄くなって空が明るくなった。まだ、太陽は顔を出さない。



そんな天候の合い間をぬって、隣村の田んぼを見に行ってみた。


横浜市緑区寺家町。在来の農家と行政で谷間の水田をしっかりと守り続けている、寺家ふるさと村である。



ボクらの子供のころから比べると、一般に稲の収穫はかなり早くなっている感がする。

まだ8月の下旬に入ったばかりだが。

c0156404_10182002.jpg

Leica M(Typ262), Summilux-M 1:1.4/35 ASPH.


by kurakame | 2017-08-22 07:09 | M(Typ262) | Comments(6)

秋雨前線(?)






東京では8月に入って降水の記録が無かった日はまだないとか、
今年の8月の降水量は梅雨の期間のそれをすでに上回ったとか。


梅雨の戻りかと思っていたら、このところ、TVの気象情報でも秋雨前線という語が出始めた。

太平洋高気圧と日本海(オホーツク)高気圧のせめぎ合いで出来る停滞前線。


夏前に南の高気圧が優勢になって北の高気圧を押し上げてできる梅雨前線。

秋口、通常9月中頃以降に、その逆で生まれるのが秋雨前線。秋の長雨である。


8月半ば過ぎで、もう秋の長雨か。

c0156404_10104885.jpg
c0156404_10111148.jpg

Leica T(Typ701), Apoqualia-G 1:2/28



by kurakame | 2017-08-20 07:08 | T (Typ701) TL2 | Comments(4)

深川祭り2017 - 水浸し






夏祭りの神輿や山車に水を掛ける習慣は各地にあるのだが。

お江戸深川は富岡八幡宮の深川祭りは、水掛け祭りとしてとくに有名であるらしい。



トラックの荷台を臨時の水槽にしたり、子供たちのバケツ作戦、はては消防署の消火栓放水まで。

神輿はもちろん、水を掛ける側も観客もうっかりすると水浸しのお祭りだ。

c0156404_08065125.jpg
c0156404_08073143.jpg

Panasonic LUMIX GX7MK2, G Vario 1:3.5-5.6/12-60 ASPH.


by kurakame | 2017-08-18 08:13 | GX7MK2 | Comments(6)

深川祭り2017





8月に入って東京で雨が降らなかった日はまだ無いのだという。


8月13日、日曜日。珍しく晴れ間の多い真夏日の深川。

今年は江戸三大祭の一つとされる深川祭りの本祭り。町会神輿の連合渡御、総数50基以上。


今回はグループ月例撮影行に参加。

年々、強行軍は体力的にも無理で、かなり自制しながら新川から富岡八幡宮前までのお付き合い。



ところで、ブロ友のleica_m4mさんが神輿に参加されたという。

ライカ遣いの名手さんだが、まさかライカを持ち込まれたのではと心配したが、

神輿の行列から防水カメラの素晴らしい激写がアップされている。



見物人の混雑の合い間からの覗き見ショットとは雲泥の差である。ここでは、引きのスーパーワイドのイメージを若干。

c0156404_10202744.jpg
c0156404_10204579.jpg
c0156404_10210622.jpg
c0156404_10213060.jpg
c0156404_10215250.jpg

Leica Ⅰf, Super Wide-Heliar 15mm/4.5, Fuji Color Superia PREMIUM 400


by kurakame | 2017-08-17 07:08 | Ⅰ f | Comments(6)