<   2017年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

蔵の街栃木 - 蔵の街大通りへ






例幣使街道、重要伝統的建築群保存地区から、蔵の街大通りへ向かう。



蔵の街大通りは、この街のメインストリートで、主要な街の中心施設もここに集まっている感じだ。

蔵造りの建物はそれほどまとまっているほどでもなく、街中に残る多くの瓦屋根の建物に印象的なものが多かった気がする。


蔵造りは、改装されて、観光物産館とか、美術館とかになているところが多い。

c0156404_09511817.jpg
c0156404_09513677.jpg
c0156404_09515483.jpg
c0156404_09523286.jpg

Leica TL2, Summaron(L) 2.8cm/5.6 B&W High Contrast


by kurakame | 2017-09-29 07:40 | Comments(4)

蔵の街栃木 - 重要伝統的建築群保存地区








街の中心部から北側の例幣使街道沿いの地域が重要伝統的建築群保存地区に指定されている。


例幣使街道に沿って、古くからの蔵造りの商家や民家が残っているが、
かなりの建物の老朽化が目立つようになってきているのが残念だ。



創業天明元年という油田味噌さんは、見事に現在も営業されており、建物も綺麗に維持されていた。


イートインスペースでご自慢の味噌田楽を頂いて、また裏通りを蔵の街大通りへと向かう。

c0156404_14450826.jpg



地区の裏通りで見かけた建物。

c0156404_14452819.jpg

Leica TL2, Summaron(L) 2.8cm/5.6, B&W High Contrast


by kurakame | 2017-09-28 07:35 | Comments(2)

蔵の街栃木 - 例幣使街道へ





面白半分に、グループ全員で短い時間の観光船で舟遊びのあとは各自自由に街中へ散る。



メインストリートの蔵の街大通りと巴波川のあいだの裏通りを例幣使街道に向かう。

蔵というよりも、古い瓦屋根の商家や民家が目につく。

c0156404_15253985.jpg
c0156404_15261671.jpg
c0156404_15263779.jpg
c0156404_15270693.jpg

Leica TL2, Super Wide-Heliar(L) 15mm/4.5, B&W High Contrast


by kurakame | 2017-09-26 07:17 | Comments(6)

蔵の街栃木 - 巴波川






9月になって、数少なかった快晴真夏日の撮影行は蔵の街栃木市。

まだ、陽の高い日中の街撮りは強烈なトップライトの洗礼をものともせずに撮らねばならない。




まずは、観光名所の巴波川(うずまがわ)へ。

観光遊覧船は黒板塀の塚田歴史伝説館の脇である。

c0156404_15082469.jpg
c0156404_15084085.jpg
c0156404_15085828.jpg
c0156404_15091454.jpg

Leica TL2, Summaron(L) 2.8cm/5.6, B&W Hight Contrast



by kurakame | 2017-09-25 07:02 | Comments(6)

秋晴れのご近所散歩 - 第2世代の住宅地も樹木は初代






旧公団団地の第2世代中高層住宅地は見事に完成して(前項)、
それぞれの新しい生活もすっかり安定した頃であろう。


当然ながらプロットの造園計画は新しくなっているが、メインの道路の街路樹などは初代のままに成長を続けている。

ここは桜並木だが、昭和の30年代の初めだから、およそ60年になる。


そういえば、このレンズも1955年製だ。

c0156404_14374792.jpg

Leica M262, Summaron(L) 2.8cm/5.6


by kurakame | 2017-09-23 07:29 | M(Typ262) | Comments(0)

秋晴れのご近所散歩 - 旧公団住宅団地の第2世代






彼岸入り早々の快晴の秋晴れ。

比較的新しいデジタルカメラに半世紀前のレンズを付けてのご近所散歩。



お隣は旧公団住宅団地の街であった。今、すべてが新しく建て変わって第2世代の共同住宅の街になった。


何しろ、多摩丘陵の里山を切り拓いて、私鉄の新駅まで造った勢いであったから、
敷地は全て、尾根筋の見晴らしの良い一等地だ。


中高層のビルに建て変わった棟の間から丹沢山系が望まれる快晴の午前。

c0156404_14223734.jpg


c0156404_14225835.jpg

Leica M262, Summaron(L) 2.8cm/5.6




by kurakame | 2017-09-22 07:11 | M(Typ262) | Comments(4)

彼岸の入り






台風18号は列島を縦断して北に去った。

漸くの台風一過の秋空と夏日が戻ってきたと思えば、今日は彼岸の入りである。



なんとなく、気候のはっきりとしなかった印象の今年の夏もこれで一区切りであろうか。

気が付けば、陽の光もいつのまにか柔らかさをを増してきている。

c0156404_15075696.jpg

Leica TL2, Sonnetar 50mm/1.1





by kurakame | 2017-09-20 07:02 | Comments(4)

夏の名残の西新宿から - Holiday(?)






新宿駅西口から、高層ビル街へとつながる歩行者デッキで、
いかにもという格好の外国人ツーリスト風の二人連れに出会う。

Holidayの旅行者さんたち。


夏日の日中でも、雨が降っても、
旅行者の大多数はスケデュール通りに動くことになる。

c0156404_10274278.jpg


少し回り込んだところの高層ビルの足元。

こちらの女性は、たぶんHolidayではないだろう。ふつうのOLさんでもなさそう。
セールスウーマンかも。
c0156404_10280567.jpg
Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6



by kurakame | 2017-09-18 07:18 | Comments(6)

夏の名残の西新宿から - 木陰






台風18号が列島直撃ルートに接近中だ。この時期の典型的な台風のコースでもあるのだが。

そして、秋の彼岸の入りも間近。


もう少し、いやもうちょっと前の、夏の名残の西新宿高層ビル街でのスナップから。

まだまだ残暑の厳しい日であったが、木漏れ日には秋の気配も。

c0156404_09112304.jpg
c0156404_09115552.jpg

Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6



by kurakame | 2017-09-17 07:03 | M(Typ262) | Comments(6)

銀座ウオッチング - 夏の終わりの晴海通り






夏の終わりにはまだちょっと早かった、ぐずつき気味の空模様の夏の日の銀座。

休日であったが、お昼頃になるとさすがに人通りは多くなってきた。



ライブビューのカメラだと、通りすがりのノーファインダーも
ちらちらと画面が見えて、大きく目標を外すことは無くなったが。

それなりに、ブラインドショットの楽しみは少なくなったような気もする。

c0156404_10374476.jpg
c0156404_10380308.jpg

Leica T(Typ701), Summicron-T 1:2/23 ASPH.





by kurakame | 2017-09-15 07:28 | Comments(2)