5月、新緑の民家園 - 芝棟のイチハツ






萱葺屋根や藁葺屋根の棟の腐食や漏水を防ぐ目的で、棟を土と草で固めたものが芝棟である。

手入れが行き届かなくて雑草が生えているのではない。


日本民家園の「関東の村」でも、清宮家や蚕影山祀堂に見られる。



蚕影山祠堂(こかげさんしどう)は、文字通り養蚕の神を祭る小さな祠で、地元近くの川崎市麻生区から移築された。

宮殿(くうでん)とそれを覆う覆堂(さやどう)からなるユニークで美しい建物だ。

c0156404_09462322.jpg



この覆堂の芝棟に、丁度イチハツの花が咲いていた。5月に開花するという。

c0156404_09465250.jpg

Leica M(Typ262), Summilux-M 1.4/35 ASPH.



# by kurakame | 2017-05-07 07:34 | M(Typ262) | Comments(4)

5月、新緑の民家園 - 竹細工、わら細工





生田緑地の川崎市立日本民家園では、日曜、休日を中心に竹細工やわら細工の製作実演が行われている。


前庭の広い民家などで、昔から伝えられてきた実用品の民具や玩具の手作り工程を実演公開したり、
これらを使っていた時代の暮らしや遊びを、来訪者たちといっしょに楽しむも催しである。


実演は民家園の民具製作技術保存会の皆さん。

c0156404_09362583.jpg



c0156404_09364603.jpg

Leica M(Typ262), APOQUALIA-G 2/28


# by kurakame | 2017-05-06 07:26 | M(Typ262) | Comments(4)

5月、新緑の民家園 - 端午の節句






5月5日、端午の節句。いまは「子供の日」という国民の祝日である。


端午の節句につきものの鯉のぼりは、近年大量に川の上などに飾り付けるイベントなどでも再認識されているようだが。

ここ、川崎市立日本民家園では、オーソドックスな飾り付け。


正面出入り口脇。

c0156404_08581372.jpg

Leica M(Typ262), Summilux-M 1.4/35 ASPH.



「関東の村」北村家前の広場は、イベントなどにも良く使われるスペース。
休日だがお昼前の早い時間で、見学者ちらほら。

c0156404_08583857.jpg

Leica M(Typ262), APOQUALIA-G 2/28


# by kurakame | 2017-05-05 07:05 | M(Typ262) | Comments(2)