銀座交詢ビル

銀座の通りの名前にもなった交詢社。1880年、わが国初の実業家社交クラブとして誕生。震災後の1929年に横河工務所によって建てられたビルはレトロな風格とともに銀座の名所のひとつでもあった。

2004年、総ガラスのモダンビルに生まれ変わって、高級ブティックやレストランがテナントとして入居、一転華やかな新名所となる。

c0156404_82759100.jpg

c0156404_8282711.jpg

Leica M8, Color Skopar 21mm/4, UV/IR (non 6bit coding)


ビルのファサードの一部には、元のビルの外壁が保存修復して組み込まれ、往時の面影を彷彿させる仕掛けとなっている。
# by kurakame | 2008-09-20 08:33 | Comments(6)

初秋の都立神代植物公園 - ムクゲ

相変わらず、日頃はRF(レンジファインダー)カメラの使用が多いのだが、改めて一眼レフのワイドアングルには驚きの新鮮さがあったりする。

この時期、公園の数少ない花の中で、ムクゲの森には色々な種類の花を見ることができた。

c0156404_7563539.jpg
c0156404_7565440.jpg

Nikon D700, Ai NIkkor 20mm/2.8


MFフィルムの時代のワイドレンズ、レンズフードが花びらに触れようかという距離まで接近してのイメージである。このようなシチュエーションではAFよりもはるかに使いやすい。

クリックで画像拡大します。
# by kurakame | 2008-09-17 08:02 | Comments(4)

初秋の都立神代植物公園 - パンパスグラス

新機材(D700)の馴らし運転でぶらりと都立神代植物公園へ。「馴らし」は老体、細腕の体力である(笑)。カメラは何の違和感もなく素直に働いてくれる。

この公園のシンボルのような芝生広場のパンパスグラスがもう花(穂)を初秋の陽光に輝かせていた。

c0156404_822420.jpg

Ai AF Zoom Nikkor 24mm-85mm/2.8-4 D

c0156404_83049.jpg

Ai Nikkor 20mm/2.8

c0156404_832051.jpg

Ai Nikkor 20mm/2.8

# by kurakame | 2008-09-16 08:10 | Comments(6)