銀座晴海通り - ARMANI

あっというまに、著名ブティックが軒を連ねるようになった晴海通りを、灯ともし頃の時間に四丁目交差点と数寄屋橋のあいだを往復してみた。


通りの南側のブランドビルとしては一番新しいアルマーニ銀座タワー。昨年秋のオープンである。

横丁を挟んでディオールと肩を並べるアルマーニグループのフラッグシップ店。アパレルからリビング、リストランテ、カフェ、メンバースバーにスパもあるそうだ。

c0156404_8185423.jpg

c0156404_8191992.jpg


日本風の竹をモチーフとしたファサードは垂直線がどこだ解らずに、写真のフレーミングに慌てる始末。

オープン当初、アルマーニのウインドーにDiorのサインが映り込んでいたのを、小リログ(2007_11_18)に紹介していた。良くみると、逆にディオールのガラスにもARMANIが映っている。お隣同士である。

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. f 4 AE(-2/3EV) ISO320, AWB, UV/IR


(画像はクリックで拡大します。)
# by kurakame | 2008-02-26 08:26 | Comments(5)

銀座晴海通り - 千疋屋&マツモトキヨシ

あっというまに、著名ブティックが軒を連ねるようになった晴海通りを、灯ともし頃の時間に四丁目交差点と数寄屋橋のあいだを往復してみた。


銀座千疋屋さんはぼくらの学生時代には既にここにあって、当時から2階のフルーツパーラーは憧れの的であった。

いま、ブランドショップに囲まれても、老舗の貫禄充分で同じ場所にある。店名のロゴはもう大正ロマン。
ビルのファサードは現代風にリニューアルされていた。

c0156404_8324689.jpg


ちょっと異質なドラッグストアチェーンのマツキヨさん。

並木通りの角をCOACHと分け合うこの場所に開店してもう数年になるのだろうか。

かつて、ここには銀座中古カメラ店として著名なスキヤカメラが店を構えていたが。
ビルがマツキヨビルとなって8階に移り、いまは近くのビルに移転している。クラシックカメラファンにとっては貴重な店のひとつだ。

c0156404_8283389.jpg

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. f 4 AE(-2/3EV) ISO320, AWB, UV/IR


(画像はクリックで拡大します。)
# by kurakame | 2008-02-25 08:38 | Comments(4)

銀座晴海通り - HERMES

あっというまに、著名ブティックが軒を連ねるようになった晴海通りを、灯ともし頃の時間に四丁目交差点と数寄屋橋のあいだを往復してみた。

c0156404_2219524.jpg

c0156404_22201118.jpg

エルメスはHERMESである。ギリシャ神話の青年神ヘルメスの胸像は昔石膏デッサンでいやというほどお付合いしたものだ。
その、ヘルメスのフランス語読みがエルメスであった。ビルもフランス風にメゾン・エルメス。

c0156404_22245053.jpgこの手のブランドビルにしては、ガラスブロックの端正な外観で、逆に高級感溢れることになっているのか。

ガラスのブロックはイタリアの職人の手づくりだとか。建設時、外壁の耐火性能でいろいろと苦労があったと聞いていた。


ガラスブロックのところどころは小さなショウケースとなっているのを発見。


かの、ボンピドーセンターや関西国際空港の設計者であるRenzo Pianoさんの基本設計。


Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. f 4 AE(-2/3EV) ISO320, AWB, UV/IR


(画像はクリックで拡大します。)
# by kurakame | 2008-02-24 22:30 | Comments(6)