銀座ウオッチング - 夏日のホコテン





西日本、とりわけ九州地方の豪雨の惨状はすざましい様相だ。

当地は、申し訳ないほどに空梅雨模様で連日の真夏日。



これはまだ、梅雨入り直後ぐらいの真夏日のホコテン、五丁目辺り。

午後の早い時間帯だが、ひと時ほどの混雑は緩和された気配。ただ、猛暑の所為か。


カメラの朦朧体は、暑さのせいではない。

MS OPTICS 宮崎さんのAPOQUALIA-G 2/28 絞り開放の図である。

c0156404_10183403.jpg


c0156404_10184640.jpg

Leica M(Typ262), Apoqualia-G 1:2/28


# by kurakame | 2017-07-08 07:09 | M(Typ262) | Comments(4)

銀座ウオッチング - GINZA SIXの弥生さん





写真のもろもろの要素が凝縮したような場所、「富士フォトギャラリー銀座」でのグループ展から、
高揚感が拭い切れないうちにもうすぐ一と月が経過しようとしている。


そんな写真展に来てくれた若い友人たちと、週末の混雑を承知の上で、ランチを兼ねてGINZA SIXを探検に行った。


中央吹き抜け空間の草間弥生さんである。


あの、極採色の水玉で近頃ますます意気軒昂でいらっしゃると聞く。

ここではさすがに、落ちついた水玉であった。

c0156404_15220484.jpg

Leica M(Typ262), Apoqualia-G 1:2/28


# by kurakame | 2017-07-07 07:12 | M(Typ262) | Comments(4)

ニコタマ高島屋の Reflection





タカシマヤ本館の、駅に近い南側のエントランスも優雅である。

オートドアでは無くて、クラシックな捉手のついた大きなガラスドアとなっていて、
こちらもかなり広いホールがある。


その奥に、著名ブランドのロゴが見え隠れしていて、
知らないと、そこに入って行くのがちょっとためらわれる雰囲気だ。

c0156404_13421602.jpg
Leica T, Apoqualia-G 1:2/28


# by kurakame | 2017-07-05 07:36 | T (Typ701) | Comments(2)