見慣れた街西新宿 ultra wide 3景 - (1) 中央通りのケヤキ





コシナさんの Voigtlander Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6。

これだけのワイドになると、出番はなかなかに少なくなって、つい、棚の奥のほうにいってしまう。


残暑のぶり返して猛暑日になったとかの昼さがり、所用の途次での新宿西口風景。ウルトラワイド、手探りの3景。


先ずは、地下道を抜けたあたりの中央通。

大きな並木のケヤキも小さく見えて見慣れた景色も不思議な絵になった。

c0156404_17564845.jpg
Leica M(Typ262), Ultra Wide-Heliar 12mm/5.6




# by kurakame | 2017-08-27 07:03 | M(Typ262) | Comments(6)

東急田園都市線鷺沼駅前 - 街並2景





一面の畑の中に駅が誕生した風景を良く覚えている。

新しい郊外住宅地が少しずつ生まれ始めて、当時、住宅などの設計にかかわり合ったりしてよくこの辺りも訪れていた。


半世紀以上が過ぎて、駅前の並木もすっかりと成長して落ち着いた街並みとなっている。

c0156404_09534959.jpg
c0156404_09540261.jpg


駅すぐ近くの路地もまた、嬉しい成熟ぶりを見せてくれている。

c0156404_09541916.jpg

Leica TL2, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


# by kurakame | 2017-08-25 07:17 | T (Typ701) TL2 | Comments(4)

東急田園都市線鷺沼駅前 - 街造り半世紀





東急田園都市線。玉電からの玉川線が、溝の口から西に向かって伸びたのは戦後。

神奈川県の田園地帯を、電鉄会社主導で、先ず鉄道ありきからの壮大な都市計画が始まった。


以来、半世紀余り、あの畑ばっかりだった地は見事な住宅都市となった。


鷺沼駅、溝の口から最初の急行停車駅。

大型商業施設こそ少ないが、都心に近い住宅地として順調に発展し、成熟してきた。


猛暑復活、と云うよりは、漸くの夏日がやってきて朝からの青空は何日ぶりだろうか。

その前日の、まだ曇り空の鷺沼駅前のお昼だいぶん前である。


駅前すぐの並木のメインストリート。ラッシュアワーが過ぎて、静かな街。

c0156404_09383883.jpg
c0156404_09385248.jpg

シャッター街に非ず、開店前だ。

c0156404_09391798.jpg

Leica TL2, Summicron-T 1:2/23 ASPH.


# by kurakame | 2017-08-24 07:18 | T (Typ701) TL2 | Comments(6)