山中湖畔にダイヤモンド富士を観る

定番、山中湖畔のダイヤモンド富士である。

3年前には日没2時間ほど前からのうす雲に阻まれたが、この日は快晴。

通常の日没時刻から1時間半も前に富士山頂に太陽が沈むので、
東京近郊からの、夕やけ空の彼方の富士に大きな太陽が・・・いうロマンは全く無い。

昼間のギラギラ太陽が突然山頂にかかる(!)。
湖面や富士は全くの逆光になって露出はかなり難しい状況となる。(2月9日16時20分)

c0156404_9152373.jpg

D700, AF 24mm-85mm/2.8-4 D







富士五湖の一つ、山中湖の東岸はダイヤモンド富士の絶好の撮影ポイントとして人気がある。

この時期、ポイントは少しずつ湖岸を北から南へと移動していく。
この日は「ママの森」下の狭いサイクリングロード、2時間以上前から三脚が立ち並ぶ盛況である。


2時間前。道路下の雑木林から。

c0156404_9225942.jpg



20分前。ギラギラの真昼の太陽、やや古いレンズではゴーストも盛大に現れたりする。
瞬間にカメラを向けないと、カメラや眼を傷めたりするので要注意である。

c0156404_926372.jpg

by kurakame | 2012-02-14 09:28
<< 富士花鳥園にフクロウの飛行ショ... 丸の内仲通り - 静かな週日の午後 >>