里帰りの零戦を見に行く - 海軍零式艦上戦闘機五二型


公園内の所沢航空発祥記念館の「日本の航空技術100年展」に里帰り零戦は展示されている。(8月31日まで)

出かけたのは、人気の映画「風立ちぬ」にあやかったのでもなく、ましてや、どこかの国の右傾化に便乗するわけもなく、
ひたすら「大日本帝国少国民」であったkurakame少年の夢に出会いに行ったのである。


展示機の正式名称等は「海軍零式(れいしき)艦上戦闘機五二型」で、1944(昭和19)年6月に
サイパン島で米国海兵隊によって無傷の状態で捕獲されました。その後民間に払い下げられ、
1957(同32)年に PLANES OF FAME の創設者が引き取り現在に至っています。栄二一型
エンジンをはじめ多くのの部品がオリジナルのまま飛行可能な世界で唯一の機体です。
  
(同展パンフレットから)


c0156404_14485450.jpg

c0156404_14492373.jpg


c0156404_15153163.jpg
実は、この機体は3度目の里帰りとなる。1回目は1978年、2回目の1995年には竜ヶ崎飛行場や北海道で実際に日本の空を飛んでいる。

修復にあたって、何度かの塗装を慎重に剥がしていくと、機体番号の61-120が現れ、さらには、中島飛行機のプレートも出現した。

この修復工事には、設計者の堀越二郎氏も立ち会われたという。

飛行可能の機体とはいっても、こうして格納庫に展示されているだけではなんとも残念である。

本展では、何回か外部の駐車場でエンジン始動とタキシング(地上走行)が行われたが、見学の機会を失してしまった。


c0156404_14502946.jpg

c0156404_14504881.jpg

NEX-6, E 3.5-5.6/PZ 16-50 OSS (各画像はクリックで拡大できます。)
by kurakame | 2013-08-20 07:22
<< 処暑 - 暑さ納まる候 里帰りの零戦を見に行く - 所... >>