深川八幡祭り - 子供たちの水掛け




深川八幡祭りは神輿の行列に、派手な水掛けで有名である。

昔は熱中症なんてあまり騒がれなかったが、猛暑の中の長時間の神輿渡御には、古くからの知恵が働いていたのだろう。


水掛けは、お浄めの水ともいわれて、見物人をも含めての無礼講である。

バケツやタライに溜めた水を手桶で掛けるのが基本なのだろうが、
近頃はトラックの荷台につっくた水槽からとか、消防隊による消火栓からの放水などと盛り上がっている。


辻辻には、昔ながらのバケツやポリタンクも用意されて、子供たちも大はしゃぎだ。
c0156404_10484141.jpg

c0156404_1045265.jpg

c0156404_10451168.jpg

NEX-6, E 3.5-5.6/16-50 OSS
by kurakame | 2014-08-22 07:35
<< 酷暑の記憶 - 私鉄駅裏 深川八幡祭り - 神輿連合渡御 >>